公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
大学案内

内部通報「受付・相談窓口」について

公立大学法人大阪市立大学(以下「法人」という。)では、法令等の遵守を促進し、大学運営の一層の健全経営を図るべく、平成25年4月1日より「公立大学法人大阪市立大学内部通報及び不当要求行為に関する規程」を制定するとともに、学内外の2ヶ所に内部通報ならびに不当要求行為に対する「受付・相談窓口」を設けております。
なお、当該窓口は、一般的なご意見や要望、苦情といったものを取り扱う窓口ではありませんのでご注意ください。一般的な問い合わせ等につきましては、本学ホームページの「お問い合わせ」を参照ください。

受付・相談窓口

法人における教職員等(※)の法令等の違反行為や不正行為に係る通報や相談の窓口として、学内外に「受付・相談窓口」を設けております。
(※)教職員等には、学生及び法人の業務に従事する派遣労働者、請負契約その他の契約に基づき法人の業務に従事している者も含まれているため、下記記載の通報対象行為が認められる場合には、まずは「受付・相談窓口」に通報又はご相談ください。

学外

弁護士法人 興和法律事務所 (担当:弁護士 岩本 安昭氏、弁護士 森脇 肇氏)
〒541-0043 大阪市中央区高麗橋3-1-14 高麗橋山本ビル
受付時間:10:00~17:30(但し、土日祝日、お盆前後及び年末年始を除く)
電話:06-4707-6205
FAX :06-4707-6263
メール:i-hotline@kowa-lo.com

学内

内部監査室 
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
受付時間:8:45~17:15(但し、土日・祝日および年末年始を除く)
電話:06-6605-3618
FAX :06-6605-3322
メール:tuho@ado.osaka-cu.ac.jp

内部通報

内部通報とは

「内部通報」とは、教職員等が不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的、その他不正の目的でなく、法人又は法人の業務に従事する場合におけるその役員若しくは教職員、学生について通報対象行為が生じ、又はまさに生じようとしている旨を通報することをいう。

通報対象行為とは

  1. 法令等に違反する行為又はそのおそれのある行為
  2. 教職員等の生命、身体、財産その他の利益に重大な損害を与える行為又はそのおそれのある行為
  3. その他、法人の事業に係る不当な行為で、法人の利益を失わせ、若しくは法人に著しい損害を与えるもの又はそのおそれのあるもの

内部通報及び相談ができる者

  1. 法人と雇用関係にある教職員
  2. 法人の業務に従事する派遣労働者(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(昭和60年法律第88号)第2条第2号に規定する派遣労働者をいう。)
  3. 請負契約その他の契約に基づき法人の業務に従事している者
  4. 本学学生

通報及び相談の方法

通報及び相談に際しては、受付・相談窓口に電話、電子メール、FAX、郵送又は面談のいずれかの方法により行ってください。
原則、通報者の氏名を明らかにしてください。公立大学法人大阪市立大学内部通報及び不当要求行為に関する規程第13条第4号により、本学では匿名による通報は、当該通報を信じるに足る相当の理由、証拠等が認められない場合には、これを受理しないとしております。

相談書

通報者からの情報を正確に把握し、迅速に対応するため、通報等の際には、下記留意事項をご覧の上、所定の「相談書」をご利用ください。

相談書(第1号様式) 【Excel版はこちら】 【PDF版はこちら

相談書(第1号様式)及び通報事案に関する留意事項
  1. 「相談書」(第1号様式)を利用する際に、通報者の氏名及び連絡先などの【必須】項目を忘れずに記入してください。
  2. 通報内容は、法人において通報対象行為が生じ、又はまさに生じようとしていることについて、わかる範囲内で結構ですので、できるだけ具体的に「相談書」に記述してください。
  3. 受け付けた通報については、調査の必要性を検討し、内部通報として受理するか否かの決定を行います。受理・不受理の決定については、後日通知させていただきます。
  4. 内部通報の内容が法人の他の規程により、その対応が明確に規定されているときは、委員会で審議の上、当該事案を所管する担当部局へ引き継ぐことがありますので、その旨ご了承ください。その際は、改めて内部監査室から通報者の方へご連絡させていただきます。
  5. お寄せいただいた内容が一般的なご意見や要望、苦情といった類であり、内部通報の通報対象行為でない場合は、内容を所管する担当部署等で対応させていただくことがありますのでご了承ください。なお、一般的なご意見やご要望などについては本学ホームページの「お問い合わせ」において受付しております。

内部通報者等の保護

内部通報又は相談をしたことで、不利益な取扱いを受けることのないように法人として十分配慮いたします。万一、不利益が発生した場合は、理事長が回復措置を講じます。
なお、通報者が虚偽の通報や他人を誹謗中傷するその他不正の目的の通報を行った場合には、法人の内部規程等によって処分されることがあります。

不当要求行為

不当要求行為とは

教職員等以外の者又は団体が、脅迫、威圧的な言動、暴言、喧騒その他の不穏当な言動により、又はその地位を利用し、若しくはその権限に基づく影響力を行使して、教職員等(本学学生は除く)に対し、不適正にその職務上の行為をし、又はしないことを求める行為その他の不正な手段によって、教職員等(本学学生は除く)の公正な職務の執行を妨げる行為をいう。

受付・相談窓口

ホームページの画面の冒頭に掲載している「受付・相談窓口」をご利用ください。

通報者等の責務

教職員等(本学学生は除く)は、不当要求行為を受けた時は、これを拒否するとともに、その内容を記録(書面のほか、音声記録、録画など)し、「受付・相談窓口」へ報告しなければなりません。
※不当要求行為については、報告していただくに際して、特に様式は定めておりません。

法人における内部通報及び不当要求行為に関する体制について

内部通報及び不当要求行為に関する体制図はこちら
内部通報及び不当要求行為の処理に係るフローチャートはこちら

規程・関係法令等

公立大学法人大阪市立大学内部通報及び不当要求行為に関する規程はこちら
公立大学法人大阪市立大学内部通報及び不当要求行為に関する実施要項はこちら
公益通報者保護制度ウェブサイトはこちら

内部通報及び不当要求行為に関するQ&A

Q&Aはこちら