公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
イベント情報

大阪市立大学都市防災シンポジウム「いのちを守る都市づくり」

2012年03月26日掲載

大阪市立大学は、2012年3月15日(木)、ヴィアーレ大阪(大阪市中央区)において大阪市立大学都市防災シンポジウム「いのちを守る都市づくり~東日本大震災から見えてきたもの~」を開催しました。

今回のシンポジウムは、東日本大震災における災害直後から復興始動までの一年の動きを整理し、これからの都市防災のあり方を市民とともに考えるために企画されたもので、「都市防災研究プロジェクト」の最終報告会として開催いたしました。

シンポジウムでは、最初に西澤良記学長からのあいさつ、その後、宮野道雄副学長から「時空間で考える地域防災」をテーマとした基調講演がありました。

第2部では、森一彦生活科学研究科教授がコーディネーターとなり、パネルディスカッションが行われました。パネリストとして三田村宗樹理学研究科教授、山本啓雅医学研究科准教授、水野智雄大阪市危機管理室危機管理課長代理、高橋英樹住吉区長4名が参加され、東日本大震災の被害と課題、災害時の救命医療のあり方、大阪市の都市防災の対応、地域コミュニティ強化の取組と減災についての発表があり、定員を超える200人以上の市民の方々のご参加をいただき盛況に終了しました。

大阪市立大学都市防災シンポジウム「いのちを守る都市づくり」 大阪市立大学都市防災シンポジウム「いのちを守る都市づくり」
写真左:基調講演(宮野副学長)写真右:パネルディスカッション


項目 詳細
開催日 2012年03月15日(木)
09:00 - 17:00

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ