公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
大学案内

平成19年6月29日第1回経営審議会

平成19年度 第1回 経営審議会会議録

日 時  平成19年6月29日(金)午前10時~12時
場 所  大阪市立大学 学術情報総合センター1階文化交流室
出席者

【学内委員】金児理事長、岸野副理事長、中村理事、角野理事、土井理事、原理事、清水理事
【外部委員】秋山委員、生野委員、石川委員
【オブザーバー】宮崎監事

1 開会

審議会成立の確認

*過半数以上の出席による審議会成立を確認。

2 議事

*前回議事録の確認

審議事項

1 財務諸表等について
  1. 平成18年度 財務諸表(案)について
  2. 平成18年度 決算報告書(案)について
  3. 平成18年度 事業報告書(案)について

理事長及び副理事長から別紙のとおり説明があり、原案どおり承認。

2 理事長選考会議委員の選出について

岸野委員・石川委員・椋本委員を理事長選考会議委員として選出する旨、承認。

3 期末手当及び勤勉手当の職務段階別加算の改正について

理事長から別紙のとおり説明があり、原案どおり承認。

報告事項

(1)平成18年度業務実績報告書について

理事長および各担当理事から別紙のとおり、平成18年度業務実績報告書の内容等について報告。

議事要旨

審議事項

1 財務諸表等について
  1. 平成18年度 財務諸表(案)について
  2. 平成18年度 決算報告書(案)について
  3. 平成18年度 事業報告書(案)について

(委員)

今後、単年度の財務諸表や決算報告書とかではなく、財務比率等を計算して、他の公立学校法人等と比較・分析して目標を立てるというような計画はおありか。

(理事長)

運営費交付金と学生納付金及びそれ以外の収入に対する人件費の割合等について、「公立大学法人の経営に関する基本的考え方」の中で大まかな分析はおこなったところである。

(委員)

今の自治体は財政難であるため、補助金はカットされていく傾向にある。不安定な補助金に教育研究を頼っていると、あまりよくないと考える。

(理事長)

運営費交付金について、現在のところ、人件費の割合は60%よりも少し超えている。この人件費について、雇用形態を工夫すること等によって徐々に減らしていくという計画はもっている。

(副理事長)

中期目標においてもお示ししているが、教育研究費の削減については慎重に対応し、管理経費の見直しをすすめてまいりたい。

(委員)

市立大学の高大連携の取組みについて、ご説明いただきたい。

(理事長)

現在のところ、大阪市教育委員会との連携を綿密に進めている。

(理事)

内容としては、市立商業高校をスーパー商業高校に改編するということについて、大学との連携が具体的に進んでいる。その他に、市立高校の中高6年一貫教育についても議論を行っているところである。

2 理事長選考会議について

(理事長)

公立大学法人大阪市立大学定款第10条第5項において、理事長選考会議の委員は、経営審議会及び教育研究評議会において選出されたもの、各3名をもって構成されることとされている。この第10条第5項の第2項及び第6項の規程により、6月の教育研究評議会において3名の委員を選出したところである。その3名は、中村副学長・原理事・畑理学研究科長の3名である。
本審議会において、第10条第5項1号の規程により、委員の中から3名を選出する。なお、3名のうち1名は副理事長、もしくは理事をもって充てるということとなっている。以上をふまえ、3名の委員の選出を行う。

3 期末手当及び勤勉手当の職務段階別加算の改正について

(理事長)

このたび、大阪市では、職務職責の給与への適切な反映を目的として今年4月から実施している給与制度改革とあわせて、制度の改正が行われたところである。
本法人においても、今年4月から、大阪市と同様の趣旨で給与制度改革を行っているところであり、また、大阪市と同様の給与制度を導入しているという事情からも、今回、大阪市に準じた職務段階別加算制度の改正を行うものとする。

報告事項

(1)平成18年度業務実績報告書について

(委員)

地域貢献について、いわゆる医師不足・看護師不足が問題となっているが、その他に、介護士の不足が社会的に非常に問題となっている。ボランティアや教育者の育成等、介護に関係することについて、何かあればご説明願いたい。

(理事長)

本学の生活科学部は社会福祉士の合格率はここ数年全国一を堅持している。それに加えて、QOLプロモーターの育成等のプログラムを通じて、レベルの高い介護の道に入っていくという教育的なプログラムが用意されている。

以上