公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
大学案内

平成20年3月17日教育研究評議会

教育研究評議会記録(要旨)

日 時  平成20年3月17日(月) 午後1時30分~午後7時10分
場 所  田中記念館 第2会議室
出席者(委員)

金児学長、岸野副理事長、中村副学長、角野副学長
経営学:太田研究科長、西村、経済学:田畑研究科長、森、法学:桐山研究科長、高田、阿部、文学:谷研究科長、山口、 理学:畑研究科長、塩野、 工学:濱研究科長、谷池、 医学:西沢研究科長、井上、生活科学:宮野研究科長、小西、創造都市:明石研究科長、北原、宮側都市健康・スポーツ研究センター所長、玉井学術情報総合セ ンター所長、白田医学部看護学科長、湯浅学生担当部長、村田教務担当部長、矢野大学教育研究センター副所長

(オブザーバー)

土井理事、水内(都市研究プラザ)、大久保(大学教育研究センター)

1 議事

平成20年2月18日(月)開催の教育研究評議会記録(要旨)案について、確認し、了承された。

審議事項

1 平成20年度 年度計画について

学長から資料1に基づき提案され、審議の結果、一部修正のうえ承認された。なお、細部については持ち帰り確認し、再度の修正の必要があれば定例役員会で調整したうえで、最終案を、本年3月26日(水)開催の経営審議会に諮ることとした。

2 理学部学科再編について

理学部長から、資料2に基づき、平成21年4月1日から物資科学科を廃止し、現状の6学科から5学科に再編するなどの提案がされ、審議の結果、原案のとおり承認された。

3 工学部学科再編について

工学部長から、資料3に基づき、平成21年4月1日から、現状の10学科から6学科に再編し、6学科、4専攻、10講座とするなどの提案がされ、審議の結果、原案のとおり承認された。

4 公立大学法人大阪市立大学キャンパス整備計画検討委員会規程について

学長から、資料4に基づき、平成20年2月18日(月)の教育研究評議会報告のキャンパス整備計画検討委員会設置に係る規程及び各委員が提案され、審議の結果、委員構成として平成20年度の学生担当部長を加える旨、一部修正のうえ承認された。

5 大阪市立大学新産業創生研究に関する規程等の一部改正について

学長から、資料5に基づき、平成20年度からの新産業創生研究センター所長等の指名方法及び任命等について、大阪市立大学新産業創生研究に関する規程等を一部改正することにより整備をする旨の提案がされ、審議の結果、原案のとおり承認された。

6 大阪市立大学学則等の一部改正について

学長から、資料6に基づき、平成20年度からの副学部長の職の設置及び医学部の専門分野の一部変更に伴い大学学則を一部改正し、また、平成20年度からの副研究科長の職の設置に伴い大阪市立大学大学院学則を一部改正する旨の提案がされ、審議の結果、原案のとおり承認された。

報告事項

(1)学部第2部あり方検討委員会最終報告について

学部第2部あり方検討委員会委員長から、資料(1)に基づき、最終報告があった。なお、実施時期については、急な学生の募集停止による様々な影響に配慮をしながら慎重に検討し、別途、教育研究評議会に諮る旨の報告があった。

(2)公立大学法人大阪市立大学経営審議会委員の選出について

学長から、資料(2)に基づき、平成20年4月1日から2年間を任期とする経営審議会委員について氏名等の報告があり、特に意見は無く、教育研究評議会として了承することとした。

(3)英語教育開発センター事業報告について

英語教育開発センター所長から資料(3)に基づき、平成19年度の事業報告があった。併せて学長から英語教育開発センターへの専任教員の配置については課題として承知しているところであり、また、1回生から4回生について、段階的に各々どのような英語教育をするのかが今後の課題となるので、各教授会で議論をしたうえで英語教育開発センター運営委員会で意見を聞かせてほしい旨の報告があった。

(4)入学者追跡調査委員会からの報告について

入学者追跡調査委員会委員長から資料(4)に基づき、平成14年度入学者を対象とした追跡調査結果の概要が報告された。なお、詳細な結果報告についてはFD研究会において、教職員に改めて報告することとした。

(5)「電子ジャーナル等購入に関わる検討委員会」答申に

電子ジャーナル等購入に関わる検討委員会委員長から資料(5)に基づき、電子ジャーナル等購入に係る検討結果及び提言等が答申として報告された。

(6)業務改編に関する検討状況報告について

学長及び業務改編・IT化担当課長から資料(6)に基づき、現在の業務改編に関する検討状況として、各部局長とのヒアリングでの指摘事項を踏まえて、これまで完全な一元化による業務改編としていたが、1~2年後の学生サポートセンター設置を最終的な目標としつつ、段階的な移行による業務改編に変更することとし、まず本年秋以降平成21年4月までの適切な時期に各学部事務室を廃止し文系と理系に集約する等の報告があった。

その他事項

1) 大阪市立大学「研究シーズ 2008」作成にかかる研究シーズ(電子データ)の提出について

研究推進本部長から、資料1)に基づき、平成18年5月の「研究シーズ 2006」の発刊から2年が経過しているので、新しく「研究シーズ 2008」を作成して産学連携等を目指した情報提供に供するため、全教員に電子データによる提出を依頼する旨の報告があった。

2) 平成20年度 公立大学法人大阪市立大学役員について

学長から、資料2)に基づき、平成20年度における役員の氏名・任期及び所管業務について、口頭により報告があった。

3) 教員免許更新制に係る対応について

教育担当副学長から平成21年度より本学が実施する教員免許更新に係る講習について、カリキュラム等を文部科学省へ提出するなどの必要があり、事前に準備作業をするための体制作りを始めたい旨、また、その概要については本年4月の教育研究評議会にて報告する旨、併せて口頭により報告があった。

4) 高校生・予備校生を対象とする「市大授業」の実施について

文学研究科長から資料4)に基づき、高校生・予備校生を対象とする「市大授業」を本年4月29日(火・祝日)に全学共通教育棟を中心に、理学部の「市大授業」と同時開催する旨、報告があった。

2 会議資料

平成20年2月18日(月)開催 教育研究評議会記録(要旨)案

審議事項

1 公立大学法人大阪市立大学平成20年度年度計画(案)
2 理学部学科再編について(案)
3 工学部のこれまでの経緯および再編の主旨
4 公立大学法人大阪市立大学キャンパス整備計画検討委員会規程案
5 大阪市立大学新産業創生研究に関する規程等の一部改正について
6 大阪市立大学学則の一部を改正する規則案

報告事項

(1)学部第2部あり方について(報告)
(2)公立大学法人大阪市立大学経営審議会外部委員
(3)英語教育開発センター平成19年度事業報告
(4)平成14年度入学者を対象とした追跡調査結果報告(概要)
(5)「電子ジャーナル等購入に関わる検討委員会」答申
(6)業務改編に関する検討報告(中間報告)

その他事項

1) 大阪市立大学「研究シーズ 2008」作成にかかる研究シーズ(電子データ)の提出について(お願い)
2) (資料 無し)
3) (資料 無し)
4) 文学部を知りたい人のための市大授業、数学や理科の好きな高校生のための市大授業

以上