公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
大学案内

平成20年6月16日教育研究評議会

教育研究評議会記録(要旨)

日 時  平成20年6月16日(月) 午後1時30分~午後4時20分
場 所  田中記念館 第2会議室
出席者(委員)

金児学長、柴﨑副理事長、中村副学長、唐沢副学長、原病院長、西川本部長
大黒学生担当部長、鈴木教務担当部長、中野学術情報総合センター所長
経営学:西倉研究科長、清田、経済学:海老塚研究科長、中村、法学:高田研究科長、恒光、吉井、文学:谷研究科長、村田、理学:市村、工学:濱研究科長、大嶋、医学:西澤研究科長、圓藤、看護:白田研究科長、今中、生活科学:小西研究科長、多治見、創造都市:明石研究科長、北原、宮側都市健康・スポーツ研究センター所長、矢野大学教育研究センター副所長、佐々木都市研究プラザ所長

(オブザーバー)

土井理事

1 議事

平成20年5月26日(月)開催の教育研究評議会記録(要旨)案について、確認し、了承された。

審議事項

1 大阪市立大学学則等の一部改正について

教務担当部長から、資料1に基づき大阪市立大学学則の一部改正(案)及び大阪市立大学大学院学則の一部改正(案)が提案され、審議の結果、内容を明確化し、次回の教育研究評議会に諮ることとした。

2 大阪市立大学長期履修規程の制定について

教務担当部長から、資料2に基づき大阪市立大学長期履修規程(案)等が提案され、審議の結果、審議事項1と同様に、内容を整理・明確化し、次回の教育研究評議会に諮ることとした。

報告事項

(1) 業務改編の経過報告について

学長及び業務改編・IT化担当課長から、資料(1)に基づき、以下のとおり報告があり、意見交換が行われた。

・3月の教育研究評議会の経過を踏まえ、業務改編は段階的に実施することとし、第1段階として、本年12月末に各学部等事務室を廃止し文系・理系事務室へ統合・集約を図る。
・集約場所については、文系は研究支援課事務室及び第2部事務室を一体的に活用することとし、理系は工学部事務室とする。
・第2段階においては、学生サポートセンターを設置するとともに、それに併せて学生サービスの向上につながるIT化の実現を図る。
・各研究科の執行部体制が変更になっているところもあるため、研究科長・副研究科長・担当係長等に対して、担当課長から改めてヒアリングを実施する予定である。

その他事項

1) 入学者追跡調査にともなう学生データの提供について

大学教育研究センター副所長から、資料1)に基づき、概要等の説明があり、データ提供の協力方依頼があり、了承された。また、今後は、過去のデータ提供等の例外的事例を除き、個別に教育研究評議会に諮ることなく事務連絡等による依頼とする旨の協力方依頼があり、了承された。

2) 大阪市立大学 第15回教育改革シンポジウムについて

大学教育研究センター所長から、資料2)に基づき、本年9月29日(月)午後2時30分より学術情報総合センター1階文化交流室にて開催を予定している旨の報告があった。

3) 大阪市立大学「研究シーズ集2008」作成にかかる研究シーズ(電子データ)の提出について(再依頼)

研究推進本部長から、資料3)に基づき、6月13日現在の提出状況の報告及び改めて研究シーズ(電子データ)提出の協力方依頼があった。

2 会議資料

平成20年5月26日(月)開催 教育研究評議会記録(要旨)案

審議事項

1 大阪市立大学学則等の一部改正について(案)

2 大阪市立大学長期履修規程(案)

報告事項

(1) 業務改編の実施について

その他事項

1) 追跡調査にともなう学生データの提供について(お願い)

2) 大阪市立大学 第15回教育改革シンポジウム

3) 大阪市立大学「研究シーズ集2008」作成にかかる研究シーズ(電子データ)の提出について(再依頼)

以上