公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
大学案内

平成21年2月16日教育研究評議会

教育研究評議会記録(要旨)

日 時  平成21年 2月16日(月) 午後1時40分~午後2時35分
場 所  田中記念館 第2会議室
出席者(委員)

金児学長、柴﨑副理事長、中村副学長、唐沢副学長、原病院長、西川本部長、
大黒学生担当部長、鈴木教務担当部長、中野学術情報総合センター所長、
経営学:西倉研究科長、清田、経済学:海老塚研究科長、中村、法学:高田研究科長、恒光、吉井、文学:村田、理学:市村研究科長、神田、工学:濱研究科長、大嶋、医学:西澤研究科長、圓藤、看護:白田研究科長、今中、生活科学:小西研究科長、創造都市:明石研究科長、宮側都市健康・スポーツ研究センター所長、矢野大学教育研究センター副所長、佐々木都市研究プラザ所長

(オブザーバー) 土井理事

1 議事

平成21年1月26日(月)開催の教育研究評議会記録(要旨)案について、確認し、了承された。

審議事項

1 英語教育開発センター専任教員について

英語教育開発センター所長から、資料1-1及び資料1-2に基づき提案され、審議の結果、承認された。なお、会議資料1-2については本会終了後、回収することとした。

2 大学院理学研究科収容定員増について

理学研究科長から、資料2に基づき、平成22年4月1日より大学院理学研究科前期博士課程の入学定員を10名増員する旨が提案され、審議の結果、原案のとおり承認された。

3 大学院工学研究科収容定員変更について

工学研究科長から、資料3に基づき、平成22年4月1日より大学院工学研究科の前期博士課程の入学定員を14名増員する旨及び後期博士課程を10名減員する旨が提案され、審議の結果、原案のとおり承認された。

4 教員の休職について

学長から、資料4に基づき提案され、当該教員について、公立大学法人大阪市立大学就業規則第19条により、平成21年2月26日から向こう3月間の休職が承認された。なお、会議資料については本会終了後、回収することとした。

その他事項

1) 認証評価結果案に対する意見について

教育担当副学長から、独立行政法人大学評価・学位授与機構(以下、「機構」という。)の認証評価結果案に対する意見及び機構への回答方針について、口頭により報告があった。

2)勤務状況及び健康状態に関する報告書の提出について

学長及び職員課長から、資料2)に基づき、裁量労働制が適用されている教員の報告書の提出の徹底について、協力方依頼があった。

3) 連続シンポジウム「現代日本の格差と貧困」第3回について

経済学研究科長から、資料3)に基づき、「世界経済の危機と格差・貧困問題の行方」について、講師を招き、平成21年3月17日午後1時より学術情報総合センター10階大会議室にて開催する旨、報告があった。

4) URP Osaka City University NEWSLETTERについて

都市研究プラザ所長から、国際学術ジャーナル立ち上げについて及びメルボルンに海外サブセンターを設立した旨並びに資料4)のとおりNEWSLETTER第2号を発行した旨、報告があった。

2 会議資料

平成21年1月26日(月)開催 教育研究評議会記録(要旨)案

審議事項

1
1-1 英語教育開発センター専任教員の採用候補者について
英語教育開発センター専任教員採用人事の経過等について
1-2 英語教育開発センター専任教員採用人事の経過等について
1-3 著書及び論文目録

2 大学院理学研究科前期博士課程入学定員の増員について(案)

3 大学院工学研究科前期博士課程及び後期博士課程の入学定員の変更について(案)

4 教員の休職について(会議終了後回収)

その他事項

1) (資料なし)

2) 裁量労働制にかかる「勤務状況及び健康状態に関する報告書」の提出の徹底について

3) 世界経済の危機と格差・貧困問題の行方

4) URP Osaka City University NEWSLETTER Issue 2, Feb.2009

以上