公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
大学案内

平成23年2月21日教育研究評議会

教育研究評議会記録(要旨)

日 時  平成23年2月21日(月) 午後1時30分~午後2時45分
場 所  田中記念館 第2会議室
出席者(委員)

西澤学長、柏木副理事長、桐山副学長、宮野副学長、安本理事、原病院長、浅井本部長
三浦学生担当部長、玉井教務担当部長、橋本学術情報総合センター所長、
経営学:青山研究科長、経済学:脇村研究科長、橋本、法学:安竹研究科長、野田、三島、文学:村田研究科長、井上、理学:櫻木研究科長、工学:大嶋研究科長、向井、医学:石河研究科長、圓藤、生活科学:多治見研究科長、畠中、創造都市:中本研究科長、弘田、看護:今中研究科長、河野、矢野大学教育研究センター副所長、渡辺都市健康・スポーツ研究センター所長、佐々木都市研究プラザ所長、木下複合先端研究機構長


(オブザーバー) 西川調査役兼学生サポートセンター開設準備室長

(報告者) 向山(ハラスメント調査委員会委員長)

1 議事 

・平成23年1月24日(月)開催の教育研究評議会記録(要旨)案について、確認し、了承された。

審議事項

1. 国際化戦略本部の設置及び運営体制について

研究担当副学長から、資料1に基づき、国際化戦略本部の設置及び運営体制について提案され、審議の結果、原案のとおり承認された。
また、大阪市立大学国際化戦略本部規程、同国際センター規程及び同国際交流委員会規程について提案され、審議の結果、国際センター所長の任期を規定することとしたうえで了承された。

2. 都市研究プラザ特任教員採用候補者について

都市研究プラザ所長から、資料2-1及び資料2-2に基づき、選考経過等の報告並びに採用候補者が提案され、審議の結果、原案のとおり承認された。
 なお、会議資料2-2については本会終了後、回収することとした。

3. 教員の休職延長について

学長から、資料3に基づき提案され、当該教員について、公立大学法人大阪市立大学就業規則第19条により、平成23年3月1日から向こう3月間の休職が承認された。
なお、会議資料については本会終了後、回収することとした。

報告事項

(1) 大阪市立大学と大阪市博物館協会との包括連携について

大学運営本部長兼法人運営本部事務部長から、資料(1)に基づき、財団法人大阪市博物館協会と包括連携協定を締結する旨の説明があり、了承された。

(2) ハラスメント調査の結果について

ハラスメント調査委員会委員長から、資料(2)-1及び資料(2)-2に基づき、平成22年12月6日付で調査開始報告をした第4号事案の調査結果について、報告があった。
なお、会議資料(2)-2については本会終了後、回収することとした。

 

その他事項

1) 大阪市立大学公開講座「第9回健康・スポーツ科学セミナー」について

都市健康・スポーツ研究センター所長から、資料1)に基づき、平成23年3月3日(木)午後6時30分より文化交流センター・ホールにて開催する旨、報告があった。

2)「大学教育・学生支援推進事業【テーマA】大学教育推進プログラム」について

経済学部長から、資料2)に基づき、平成21年度に採択された「4年一貫の演習と論文指導が育む学士力」について報告があった。

3) URP Osaka City University Newsletterについて

都市研究プラザ所長から、資料3)のとおりNewsletter第9号及び第10号を発行した旨、報告があった。

4) 各所属における適切なライセンス管理について

学術情報総合センター所長から、資料4)に基づき、ソフトウェアの利用について、改めて、各所属でライセンス管理状況について確認をお願いする旨、報告があった。

2 会議資料

・平成23年1月24日(月)開催 教育研究評議会記録(要旨)案

審議事項

1. 
・国際化戦略本部の設置及び運営体制について(案)
・大阪市立大学国際化戦略本部規程(案)
 ・大阪市立大学国際センター規程(案)
・大阪市立大学国際交流委員会規程(案)
2.
2-1 都市研究プラザ特任教員採用候補者について
2-2 研究経歴書(会議終了後回収)
3.教員の休職について(会議終了後回収)

報告事項

(1) 大阪市立大学と大阪市博物館協会との包括連携について
(2)-1ハラスメント調査の結果報告について(第4号事案)
(2)-2ハラスメント調査委員会報告書(会議終了後回収)

その他事項

1) 大阪市立大学公開講座「第9回健康・スポーツ科学セミナー」“サクセスフル・エイジング”のための最新スポーツ科学
2) 文部科学省認定2009年度【大学教育推進プログラム】4年一貫の演習と論文指導が育む学士力
3)
・URP Osaka City University Newsletter Issue 9, Nov.2010
・URP Osaka City University Newsletter Issue10, Feb.2011
4) 各所属における適切なライセンス管理について(通知)

以上