公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

遺贈・相続財産によるご寄附

遺贈によるご寄附

遺贈(いぞう)とは

遺言により人や団体に遺言者の財産を全部または一部を無償で譲与することをいいます。ご自身がお亡くなりになった後、遺された財産について大阪市立大学へ遺贈によるご寄附をお考えの方に対して、協定金融機関をご紹介させていただきます。

お手続きの流れ

  1. 事前のご相談
    大学サポーター交流室(夢基金担当)が遺贈のご意向およびその内容をお伺いし、ご希望により提携金融機関をご紹介します。
  2. 遺贈を含む公正証書遺言作成に関するご相談受付
    提携金融機関への事前相談は無料です。
  3. 公正証書遺言の作成・保管・管理
    提携金融機関は、公正証書遺言作成のお手伝い、保管、管理等の遺言信託業務を行います。ただし、公正証書遺言の作成・保管・管理業務については、提携金融機関・公正証書役場・司法書士等が定める所定の費用、手数料、報酬等が必要となります。
  4. 遺言の執行
    提携金融機関がご逝去の報せを受け、遺言内容の執行業務を行います。ただし、執行業務についても、提携金融機関・税理士等が定める費用・報酬等が必要となります。
  5. 遺産分配の実績及び夢基金へのご寄附
    提携金融機関が公正証書遺言の内容に従い、相続人等への遺言配分および大阪市立大学夢基金への寄附を行います。

提携金融機関照会窓口

三井住友銀行 プライベート・アドバイザリー部
Tel: 06-6227-3190
http://www.smbc.co.jp/kojin/yuigon/index.html

相続財産によるご寄附

故人の遺志やご遺族の意思により相続された財産を大阪市立大学に相続税申告期限内(被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内)にご寄附いただいた場合には、その方の相続税(ご寄附分)が非課税になります。なお、相続税申告期限内に手続きを終える必要があります。
大阪市立大学へ相続財産によるご寄附をお考えの方は、お気軽にご相談ください。