公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
学部・大学院・組織

都市経営研究科(平成30年4月開設)

『都市』がコンセプトの大学院 高度なプロフェッショナルと実務的研究者の養成

都市経営研究科ホームページ http://www.gsum.osaka-cu.ac.jp/

理念

現代都市の再生と創造
現代都市は、人口減少・高齢化と産業空洞化の流れの中で数多くの課題に直面する時代に入ります。こうした課題を解決するために、イノベーション(産業や組織の革新)とサスティナビリティ(持続可能性)という概念が不可欠です。

●社会人向け大学院
都市を支える行政、プランナー、ビジネス、医療・福祉・市民公益活動等の主要なセクターに属する人々が、自らの現場で抱えている都市経営の諸課題を、経済・経営・政策・地域・法/行政などの視点から、都市のイノベーションとサスティナビリティをふまえて解決できるように、指導的人材やプロフェッショナル/実務的研究者を養成する社会人大学院向け大学院です。

●このために、都市経営の基礎となる都市・地域の政策/地域経済分析や、都市経営のための地方自治体の行政改革・ガバナンス、都市を活性化する中小ベンチャーの企業経営革新やICT化、医療・福祉の経営革新等の都市経営の諸課題について、「都市政策・地域経済」「都市行政」「都市ビジネス」「医療・福祉イノベーション経営」などのコースを設けています。

●都市の課題解決を支援する大学院
都市経営研究科は、都市のイノベーションとサスティナビリティをキーコンセプトとして、現代都市の再生と活性化を目指して、参加型のワークショップなどを含む教育、教員と学生の共同研究、関西の各団体や行政とのプロジェクトなどにより、現代都市の課題解決に取組む人材の養成をすすめます。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

修士課程

  • 都市経営の諸課題について、経済、経営、政策、地域、法/行政などの視点から、都市をささえる主要なセクター(行政、プランナー、医療・福祉・公益非営利組織活動、ビジネス等)のイノベーションとサスティナビリティをふまえて解決できる、創造的で倫理的識見を備えた指導的人材を養成する。
  • より深い専門知識と応用力を有し、都市関連の諸課題を発見する能力及びその課題を解決し体系化する能力を備えた高度専門職業人ないし実務的研究者を養成する。都市関連の課題を発見する能力及びその課題を解決する能力を備えた人材を養成する。

アドミッション・ポリシー

都市経営研究科は、都市政策・地域経済、都市行政、都市ビジネス、医療・福祉イノベーション経営の各コースにおける都市関連(行政、市民、経済活動)の研究に要する知識を体系的に修得するうえでの基本的な素養となる基礎知識、論理的な思考力、文章力を含む構成力を備えた人材を、社会人を中心として受け入れます。

一般選抜では、入学後の学修に必要な知識や実績について口頭での試問を通して確認するとともに、事前に提出された研究計画に基づいて、文章力を含めた構成力、研究を推進するうえでの構想力を見ます。特別選抜では、併せて筆答試験等を課し、知識や文章力に加えて、課題を把握する力ならびに修了論文作成に必要な論理性を備えているか否かを判定します。

3ポリシー(ディプロマ/カリキュラム/アドミッション ポリシー)

・ディプロマポリシー(学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入の方針)については、以下よりご覧いただけます。

専攻構成

修士課程 都市経営専攻

都市政策・地域経済コース、都市行政コース、都市ビジネスコース、医療・福祉イノベーション経営コースの4コースから構成されています。