公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

大学史資料室

利用のご案内

大学史資料室・恒藤記念室の閉室延長について

皆様には日頃から大学史資料室・恒藤記念室の運営に当たりましては大変お世話になっております。                            
大学史資料室・恒藤記念室のリニューアルにつきまして移転に係る工期の遅れにより、閉室期間を次のとおり延長させていただきます。                            
大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
              
【閉室期間】                            
(変更前)平成28年4月1日~平成28年9月30日                            
        ↓                    
(変更後)平成28年4月1日~平成29年3月31日                            
                            
注:開室は平成29年4月を予定しておりますが、レファレンスサービスにつきましては以下の条件で対応させていただく場合があります。お問い合わせは下記連絡先までお願いします。                            
移転作業時期につきましては詳細が決まりしだい別途お知らせします。                            
 ※事前連絡がない場合は対応できません。                            
 ※移転作業中はすべてのレファレンスサービスを休止させていただきます。


                            平成28年9月28日
                               大学史資料室長

お問い合わせ先(平成28年10月3日より)                            

大学史資料室                            
電話:06-6605-3371            メール:archives@ado.osaka-cu.ac.jp      

お知らせ

大学史資料室について

創立100周年を記念して発刊された『大阪市立大学百年史』の編纂に際して集められた資料を保存・活用するとともに、今後の大学史編集に備え継続的な資料収集を行うことを目的として、1991(平成3)年に設置されました。

大阪市立大学の歴史は大都市・大阪の歴史と深く結びついています。そのため、大学史資料室が収集・保存している資料は、大阪市立大学のアイデンティティーの形成に寄与するとともに、都市・大阪の研究のためにも貴重な資料群となっています。

2007(平成19)年3月刊行の『大阪市立大学125年史』編纂の際には、大学史資料室長が125年史編集室長を兼ね、資料室がその編集室となるなど全面的に協力しました。
また、学術情報総合センターとともに、大阪市立大学初代学長で著名な法哲学者として知られる恒藤恭氏や、旧制大阪商科大学教授で、後に立命館大学総長を務めた末川博氏に関する資料の受け入れ・整備を行うなど、関西の知識人に関する資料の収集にも協力しています。

P1030020 heya