公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

大学史資料室長からのご挨拶

大阪市立大学大学史資料室は、『大阪市立大学百年史』(部局編・1983年、全学編・1987年、全2巻・4冊)の編纂に際して集められた資料の保存と活用、さらに今後の大学史編集に備えるため、継続的な資料収集を行うことを目的として設置されました。1988年に発足した大阪市立大学史料室を改組し、1991年にスタートしています。

大阪市立大学は、その源流は1880年設立の大阪商業講習所にたどりつきます。その後、1928年、当時の大阪市長・関一の尽力で大阪商科大学に昇格・発展し、戦後は、1949年に、大阪市立都島工業専門学校、大阪市立女子専門学校と合流して、新制の大阪市立大学が誕生します。1955年には、大阪市立医科大学が合流して医学部となり、現在では、8学部9研究科を擁する総合大学に発展しています。

本学の歴史は、大都市・大阪の歴史と深く結びついています。大学史資料室および学術情報総合センターなど、本学が所蔵する資料は、都市・大阪の研究のため貴重な資料群をなしているといえます。また、最近、資料室と学情センターが協力し、恒藤恭や末川博の関係資料の受け入れ、整備が進みました。関西の知識人に関する資料としても貴重なものです。現在、運営管理体制の問題などから十分な利用体制が整っているわけではありませんが、資料の利用希望には可能な限り応じていますので、大いに所蔵の資料を活用してください。

本学は2005(平成17)年に創立125周年を迎えましたが、これを記念して資料室が編集をすすめ、2007(平成19)年3月には本編『大阪市立大学の101~125年-第2世紀への出発1981~2005年-』および小冊子『大阪市立大学の125年-1880~2005年-』を刊行しました。また、2011年には創立130周年を記念し、小冊子『大阪市立大学の歴史-1880年から現在へ』を刊行、毎年新入生に配布して本学の歴史と伝統を周知しています。これらは、つぎの本格的年史への中間的年史と位置づけられていますが、『百年史』以後の大学の変貌を記録し、資料の収集・保存をおこなうことにより、大学改革の歴史的意味を明らかにする役割もあります。大学が知の殿堂として機能するためには、自らの知の蓄積を有効に利用することが不可欠です。大学史資料室は、本学のアイデンティティーの形成にも寄与したいと考えています。是非一度、学術情報総合センター6階の大学史資料室まで足をお運び下さり、先達による知の蓄積を手にとり実感していただければ幸いです。 

大学史資料室長 安竹 貴彦 (法学研究科 教授)