公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

教職課程について

1 教員養成の目標

 本学は、8学部10大学院研究科からなる都市型総合大学の特性を活かし、これまで大阪市・大阪府をはじめとして関西圏を中心とした高等学校、中学校に数多くの教員を輩出してきました。特に、研究型大学として教科専門性を深く追求できる教員、さらに、教科や総合的な学習の時間等において生徒に探究させるための指導ができる教員を養成しています。また、教科の専門性のみならず、人権教育に関心の強い教員を養成することを目指します。

2  目標を達成するための計画  

手続き等 1年次 2年次 3年次 4年次
各年次における目標 教職の意義、教員の職務について基本的事項を理解する。 学校教育の基本的事項に関する知識を習得する。
教科等の専門的な知識・技能を習得する。
教科等の指導法に関する基礎理論・知識を習得する。
児童生徒の発達や学習指導要領の内容を理解し、授業を実践する能力を身につける。
教員の職務を実践できる基本的な資質能力を身につける。
教育実習での学びを意義付け、教職をより深く理解する。
教師として学び続けることの意義を理解し、その姿勢をもつ。
大まかな年次別単位修得例 ・「教職概論」
・1年次配当の「教科に関する科目」
・2年次配当の「教職に関する科目」「教科に関する科目」 ・3年次配当の「教職に関する科目」「教科に関する科目」 ・「教育実習」
・「教育実習事前事後指導」
・「教職実践演習」
・「日本国憲法」「体育」「外国語コミュニケーション」「情報機器の操作」の科目に設定されている全学共通科目(又は専門科目)
・「教科又は教職に関する科目」に設定されている全学共通科目(「現代の部落問題」等)、専門科目(「教職ボランティア実習」等)
・「教育実習」の履修条件に必要な科目を3年次終了までに全て修得する
教職課程登録 【10月または11月】
『全学教職課程ガイダンス』
     

教職履修カルテ
2回;教職課程登録者対象

 
【後期】1回目
教職履修カルテ面接
【前期】2回目
教職履修カルテ面接
 
介護等体験
(中学校免許取得希望者のみ)
  (2年次以降申込可能)
*4年次は教育実習があるため、3年次までに体験を済ませておくのが望ましい

【5月もしくは10月】
介護等体験申込
『介護等体験ガイダンス(5日間)』
『介護等体験ガイダンス(2日間)』
教育実習     【4月または5月】
『教育実習ガイダンス』

【4月~5月】
「教育実習事前指導」
(5回+特別支援学校参観)
【6月または9月頃】
教育実習開始
【7月または11月】
「教育実習事後指導」(1回)

【後期】
「教職実践演習」
教員免許一括申請       【~10月頃】
一括申請申込
【3月卒業式当日】
免許状授与
*個人申請の場合は各自都道府県教育委員会にて申請

3  教員の養成に関する組織

 (2)sosiki.png 教職課程の運営にあたっては、「大阪市立大学教職課程委員会規程」を定め、教育推進本部の専門委員会として教職課程委員会を設置して運営しています。同委員会は、原則として教員免許を取得することができる学部および人権問題研究センターから選出された各教員1名から構成され、「教科に関する科目の提供及び開講に関する事項」「教職に関する科目の提供及び開講に関する事項」「教職課程を担当する教員の委嘱に関する事項」「教職課程の履修方法に関する事項」「その他教職課程に関し必要な事項」等、学生の教員免許取得を円滑に行うための審議を定期的に行います。

4  教員養成課程

 本学では、学部の課程において、中学校教諭1種・高等学校教諭1種・栄養教諭1種の教育職員免許状を、大学院の課程において、中学校教諭専修・高等学校教諭専修・栄養教諭専修の教育職員免許状を取得することができます。
【取得できる免許状の一覧】
(注)取得できる免許は各学部(研究科)・学科(専攻)等で異なります。
※教育職員免許状を取得するためには、教育職員免許法等に基づき、必要な単位を修得する必要があります。詳細は、学生サポートセンター教職担当もしくは各学部教務担当で確認してください。

5 教員養成に係る教員数・教員が有する学位・業績・授業科目

 教員養成に係る教員数 468名
 教員が有する学位・業績についてはこちら
 授業科目(シラバス)についてはこちら

6 卒業者の教員免許状取得状況及び教員就職状況

 卒業者の教員免許状取得状況及び教員就職状況(過去5年間)

7 教員養成に係る教育の質の向上に係る取組など

① 教職課程履修カルテ面接
 IMG_8522.jpg教職に関する科目の必修科目である「教職実践演習」の一環として導入されています。学生ひとりひとりの教職関連科目の履修状況とその内容の理解度等の学習状況、および教師としての力量形成につながる経験についての履歴をふまえて振り返り、教職キャリア形成に向けての今後の課題を考察する面談を2年次以降毎年1回行います。各面接は、1人あたり30分で、学生と担当教員とが「教職課程科目評価シート」「教職課程自己評価シート」を中心に行います。具体的には、まず、学生は自分の「教職課程科目評価シート」を閲覧し、これまでの科目履修や教職課程外での様々な活動をふりかえります。「教職課程自己評価シート」は学生が教員と相談しながら記入し、それを踏まえて、将来、教員になる上で自己にとって何が課題であるのかを確認し、これから何をしていくかを考えます。面接の結果は「教職実践演習」の個々の学生の指導に活用されます。また、教職カリキュラムの充実に必要な情報は、教職課程委員会等に報告されます。

② 教職ボランティア実習
 教職ボランティア実習(教職科目)では、大阪市学校支援学生ボランティア制度を通じて、教職課程で学ぶ学生を大阪市内の小中学校、幼稚園に派遣しています。学校園におけるボランティア経験は、大学での教職関連科目の学修に深みを持たせ、また、自らの教職適合性を具体的に考える契機となります。

③ 教育実習
 jisshu3.png教育実習教育実習の履修は、最終学年(第4年次)とし、高等学校教員免許の取得希望者は2週間、中学校教員免許の取得希望者は3週間の期間履修することを原則とします。また、大阪府・市教育委員会と連携協力に関する協定書を結んでおり、母校以外の学校においての教育実習(協力校実習)を実施しています。大阪市立大学の推薦と受け入れ校の協力を得て、大阪府立高等学校、大阪市立中学校・高等学校(栄養実習の場合のみ大阪市立小学校を含む)で教育実習を行うことができます。

④ 教職支援kyoshokusien.jpg
 経験豊かな教職支援特任研究員による進路相談や教員採用選考対策セミナー等を行っています。教員採用選考前の模擬面接対策では、個人面接から集団面接まで、本番さながらの雰囲気で丁寧に指導を行います。また、教職支援コーナーでは教員採用試験関係図書を自由に読むことができます。

⑤ 介護等体験
 介護等体験は、平成10年4月1日より施行された「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」(平成9年法律第90号、平成9年6月18日)に基づき、教員としての資質の向上を図り、義務教育の一層の充実を期する観点から、小学校または中学校教諭の免許状の授与を受けようとする者に、障害者、高齢者等に対する介護、介助、これらの者との交流等の体験を行わせるものです。本学の場合、社会福祉施設で5日間、特別支援学校で2日間、計7日間の体験を行うことになっています。

⑥ 教育職員免許状の申請について
 教育職員免許状の申請は、各都道府県の教育委員会で行います。その際に必要な学力に関する証明書等は、所属学部(研究科)の教務担当で発行されます。なお、毎年3月卒業及び博士課程修了予定者の教育職員免許状の申請については、大学が取りまとめて申請を行う制度(一括申請)があります。一括申請の受付は、毎年9月~10月の予定ですので、日程が決まり次第、学生サポートセンター1F掲示板(教職課程)および全学ポータルサイトで通知します。