公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

工学部建築学科

工学部 建築学科の 3 ポリシーと学修マップ

学位授与指針 (ディプロマポリシー)

本学科では、所定の単位 (全学共通科目 59 単位以上、専門教育科目 77 単位以上、総計 136 単位以上) を修得することにより、以下のような能力を身につけた学生は、卒業が認定されます。

  1. 技術者としての人類社会と自然環境に対する自覚と責任を理解する能力
    (社会生活の中で遭遇するさまざまな事柄に対し、的確に判断し適切な行動を選択するための幅広い教養と多面的な洞察能力、及び技術が社会や環境に及ぼす影響を予測し対処する技術者特有の倫理観)
  2. 数学、情報技術を含む工学基礎知識とその応用能力
    (専門科目を理解する上での必要性と技術者として持続可能な生活空間を創造するための知識とその応用能力)
  3. 国際コミュニケーション基礎能力
    (建築技術の高度化とグローバル化による国際的なコミュニケーション能力の習得と物事の論理的な思考、的確な表現能力の養成)
  4. 建築学および関連分野の基礎知識の修得
    (建築計画・歴史、建築環境・設備、建築構造、建築生産に関する基礎知識の習得とそれらを表現する能力)
  5. 建築学および関連分野の専門知識とその応用能力
    (建築に関わる課題に対し、積極的かつ計画的に取り組み、各領域の専門知識及び種々の科学技術、情報を統合して応用する能力)
  6. 持続可能な生活空間を創造できるデザイン、エンジニアリング能力
    (建築に関わる社会的・環境的諸課題に対し、自主的かつ継続的に学習し、各領域における基礎知識と専門知識を統合活用して、その解決のための具体的かつ総合的な計画を論理的に作成する能力)

上記の目標達成のために必要な授業科目の流れ (学修マップ) を「教育課程編成方針 (カリキュラムポリシー)と学修マップ」に示します。この内、学習・教育目標の (1) には総合教育科目と「技術者倫理」が、(2) には基礎教育科目が、(3) には外国語科目が対応します。(4)、(5)、(6)は、前項の建築学各領域の専門科目に対応します。

建築は、様々な環境づくりを通して人間と密接に関わり、社会を形成する重要な要素です。それ故に、豊かで生彩ある社会生活環境の創造に向けて、大きな可能性を有しています。

本学科は、芸術・学術・技術に立脚した「総合建築教育」を特色としており、「発展」から「持続」へ、「効率性」から「人間性」へという、成熟期を迎えた社会の要求や課題を的確に把握し、それらの実現や解決に対して「理論的」かつ「実践的」に対応しうるデザイナーやエンジニアの育成をめざしています。

平成 21 年度より既存 5 分野に新たに 4 つの教育分野を加え、より充実した教育を提供しています。さらに、都市学科との連携によって「建築」から「都市」まで幅広く学習できるのも本学科の特色です。本学科は幅広い分野に対応しており、以下のいずれかの資質を有する多様な人材を求めています。

  1. より良き人間生活と社会づくりに向けて、建築や社会の問題を解決するために幅広い知識と技術を修得しようとする意欲のある人
  2. 探究心が旺盛で、人間・社会・自然界で生じるさまざまなできごとや、それを支える仕組みに興味がある人
  3. 建築という形のあるものを創り出すこと、それを実現するための学術・芸術・技術に対する興味と意欲のある人
  4. 立体的な思考が得意で、ものづくりや空間への興味・関心が高く、創造力の豊かな人
  5. 自分の意見を相手に伝えることのできるコミュニケーション能力がある人
  6. 建築学に関する専門科目を習得するのに必要な一定レベルの学力を有しており、人文・社会科学、文化、歴史など広範な学問領域に興味のある人

教育課程編成方針 (カリキュラムポリシー)と学修マップ

本学科では一人一人の個性・感性・知性を磨き、柔軟に発想する力を高めるよう「少人数教育」により「建築総合教育」を実践しています。地球環境時代を迎えて、建築は新しい局面に直面しています。これまでのようなスクラップアンドビルド (壊して造る) ではなく、省エネルギーや既存の建築資産の活用を考慮した持続可能なデザイン、すなわち、工学・技術・芸術に立脚した人文・社会領域にまたがる要求に総合的に対応する能力が求められています。そこで本学科では、設計・計画、環境・設備、構造・材料・防災の各専門領域を通じて総合的な学習・教育を実施し、持続可能な社会の生活空間を創造できるデザイナー、エンジニアの育成をめざしており、ディプロマシーに記載している卒業時に習得すべき能力に対応した学習・教育目標を設定しています。以下に建築学各専門領域の学習・教育目標を示します。

構造・材料・防災領域

  1. 建築物の構造解析技術に関する基礎知識の習得
  2. 建築物の構造設計に関する基礎知識の習得と構造計画の立案能力の開発
  3. 建築物の構造材料と施工品質管理に関する基礎知識の習得及び建築物の各種構造と建築構造材料特性に関する基礎知識の習得
  4. 建築物の各種荷重評価に関する専門知識と理論的背景の理解
  5. 建築生産に関する基礎知識

環境・設備領域

  1. 建築に関わる日照と日射についての基礎知識
  2. 建築に関わる熱についての基礎知識
  3. 建築に関わる光と音についての基礎知識
  4. 建築に関わる空気環境についての基礎知識
  5. 建築環境工学の知識と給排水、衛生設備との関係についての理解能力
  6. 建築環境工学の知識と空調設備・システム制御との関係についての理解能力

設計・計画領域

  1. 建築物の基礎的計画手法の習得及び与条件に対する建築規模、構法、平立断の諸形式を決定しうる計画能力
  2. 世界および日本の多様な建築のあり方、タイプとその成り立ち方の空間的・歴史学的習得
  3. 模型製作、CAD、二次元表現、記述をとおしてアイデアを実現し説得する能力
  4. 複数の学問ジャンルの資料を用いた総合的なデザイン形成能力
  5. サスティナブルな都市・建築空間の構築にかかわる具体的方法の習得
  6. 建築を通じて社会的解決をもたらす手法の習得及び実地調査、資料収集を通した問題解決型の実践能力

建築学科学習マップ

新入生向けカリキュラム紹介メッセージ

本学建築学科は、平成 23 年度入試から従来の一般入学試験に加えて指定校制推薦入試を実施しています。選抜方法を多元化することで、偏差値による輪切りと呼ばれる入学者の均質化を乗り越え、多様な関心、能力、文化性を有する入学者による「異種混成」の集団を形成し、建築学教育をより実効性の高い、活力に満ちたものにしています。この制度により、多様なアイデアや視点、技能などが、相乗化、あるいは相異触発することで、創造的活動の活性化、洗練化の増大が期待できて全体のレベルアップにつながり、結果として、デザイナーからエンジニアまで多様な人材を輩出できるような環境を整えています。