公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

理学部生物学科

生物学科の 3 ポリシーと学修マップ

教育の特色と目標

理学部生物学科は、分子生物学、細胞生物学、動物・植物生理学、発生学、動物・植物生態学、動物行動学、系統分類学などミクロからマクロ分野まで幅広く生物学を網羅しています。講義だけでなく実験・海や山での野外実習など実践的教育も広く行なっています。高学年になると自分が興味をもった研究分野を選択し卒業研究を実施します。多くの学生は大学院に進み、自分の専門研究をさらに発展させています。複数担任制をはじめ少人数教育により、きめ細かな教育指導を行っているのも本学科の特色で、これまで教育研究機関および産業界に優れた人材を輩出してきました。全学共通教育科目や専門教育科目により生物学の幅広い専門知識と創造性、柔軟な思考力を修得し、それにより生物学関連分野に留まらず、さまざまな問題を自発的に考えて解決することができる人材を育てています。

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

現代生物学の広範な知識を修得し、多様な問題を柔軟に解決できる人材を育成する、との本学科の理念に基づき、所定の単位を修得し、下記の能力を身につけた学生に学位を授与します。

  • 全学共通教育科目の履修を通じて、基礎的学習能力と総合的判断力を身につけている。
  • 専門教育科目の履修を通じて、広範で高度な生物学の知識を習得している。
  • 実験科目の履修を通じて、生物学における実験技術を習得している。
  • 特別研究の履修を通じて、生物学における課題を自身で発見するとともに、その課題を分析して解決できる能力、さらに研究の内容をまとめて表現する能力を身につけている。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

学位授与指針のもとに、生物学科では以下の教育課程編成指針を定めています。

  • 全学共通科目により、大学教育全般に共通する基礎知識を修得し、細分化された知識を総合化して総合的・人間的な判断力を身につける。
  • 専門教育科目により、近年著しい発展を遂げている生物学についての広範な理論・知識・技術を身につける。 
  • 推奨科目により、他の自然科学分野の知識を身につける。
  • 実験科目と演習科目により、講義で得た知識を応用・発展させて実践的な研究を行う技能を身につける。
  • 特別研究(卒業研究)により、自らが課題を発見するとともに、その課題を分析して解決する能力を身につける。また、得られた研究成果を表現する能力を身につける。

それぞれの講義科目の関係については、下図の「生物学科カリキュラムマップ」を参照してください。

生物学科学習マップ

生物学科は、自然科学の基本原理の理解に必要な基礎学力を有する人で、次のような学生を求めています。

  • 生物・生命現象に対して深い興味をもっている人。
  • 生物・生命現象の法則性の解明に情熱をもっている人。
  • 生物・生命現象に関わる専門知識に基づいて社会に貢献したいと思っている人。

また、入学試験は、次の方針で行います。

  1. 一般入試と推薦入試では高等学校教育課程で習熟が必須とされる基礎学力を確認します。
  2. 推薦入試では面接と口頭試問を実施し、学習に対する意欲や主体性について確認します。
  3. 私費外国人留学生入試では高等学校教育課程で習熟が必須とされる基礎学力ならびに日本語の読解力と聴解力を確認します。
  4. 本学の全学共通教育に十分に対応できる基礎学力や学習能力を備えていることを確認します。
  5. 生物学科の上記のアドミッション・ポリシーに示す資質を備えていることを確認します。

新入生向けカリキュラム紹介メッセージ

生物学科では、1 ~ 3 年生で広く生物学について学び、4 年生では、各自が異なる研究テーマを選んで取り組みます。その中で、当学科の特徴である「研究対象の範囲の広さ」は、各人に、研究テーマを決定していく上での自由度と、研究を進めていく上での発想の柔軟性を与えます。研究を進めて発見をなしとげるまでには、いくつもの様々な困難に遭遇しますが、それらを独力で解決しなくてはなりません。その過程で習得する「困難を解決する力」は、各人の財産となって、将来のあらゆる場面で役に立つはずです。その基盤を築くためにも、計画的で積極的な学修への取り組みが重要です。