公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

理学部生物学科

生物学科の 3 ポリシーと学修マップ

学位授与指針 (ディプロマポリシー)

全学共通科目を通じて基礎的学習能力と総合的判断力を身につけるとともに、専門教育科目の講義、実験、演習における学びと特別研究の実施を通して、広範な生物学の知識に基づいた柔軟な問題解決能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業が認定されます。

生物学科は、生物および生命現象に関する広範な知識を会得するとともに、新規に発生した問題に対しても柔軟に対応して解決する能力を身に着け、社会に貢献できる人材を育成することを目的としています。また、中高教員などの教育職、各省庁及び地方公共団体や民間企業などで活躍できる人材を育成することをめざします。そのため、自然科学の基本原理の理解に必要な基礎学力があり、生物・生命現象に対する深い興味とその原理解明に情熱をもつ人、また、生物・生命現象に関係する仕事によって社会に貢献したいと思っている人を求めています。

教育課程編成方針 (カリキュラムポリシー)と学修マップ

生物学科のカリキュラムは全学共通科目と専門教育科目からなります。全学共通科目は、大学教育全般に共通する基礎知識を修得し、細分化する知識を総合化して総合的・人間的な判断力を養成することを主な目的としています。専門教育科目は、近年著しい発展を遂げている生命科学について、その広範な理論・知識・技術を正しく理解できるようになることを目的としており、以下の点を特徴として編成されています。

  • 多様な生命現象をカバーする幅広い講義科目を提供する。
  • 実際の生命現象を体験できる実験科目を重視し、必修とする。
  • 研究活動を経験する特別研究(卒業研究)を重視し、必修とする。
  • 生物学に限らず他の自然科学分野の知識の習得も推奨する。

生物学科学習マップ

新入生向けカリキュラム紹介メッセージ

生物学科では、1 ~ 3 年生で広く生物学について学び、4 年生では、各自が異なる研究テーマを選んで取り組みます。その中で、当学科の特徴である「研究対象の範囲の広さ」は、各人に、研究テーマを決定していく上での自由度と、研究を進めていく上での発想の柔軟性を与えます。研究を進めて発見をなしとげるまでには、いくつもの様々な困難に遭遇しますが、それらを独力で解決しなくてはなりません。その過程で習得する「困難を解決する力」は、各人の財産となって、将来のあらゆる場面で役に立つはずです。その基盤を築くためにも、計画的で積極的な学修への取り組みが重要です。