公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

理学部化学科

化学科の 3 ポリシーと学修マップ

学位授与指針 (ディプロマポリシー)

  1. 全学共通科目の履修を通じて豊かな人間性と社会性を養うとともに,国際社会で通用する語学力を身につける.その上で,基礎教育科目の履修を通して,自然科学の基礎的な学習能力を養う.人間・地域・社会・自然に対する理解を深めることにより、広い科学的視野に立脚した化学を探求する素養を身につける。
  2. 化学科専門教育科目における体系的学習により高度な化学知識を習得することで、化学の課題を発見、分析、解決する能力を身につける。さらに,化学の学習および国際的に活躍するために必要な、専門的語学力も身につける。
  3. 基礎化学実験・専門化学実験によって、化学物質の危険性を理解し、安全に物質を取り扱うための基本的な操作法を身につける。また、計画的に実験を進める中で生じた問題を自ら考え、解決する能力、得られた結果を的確に考察し、実験結果をまとめ、発表する能力を身につける。
  4. 特別研究において、最先端の化学研究に直接従事することで問題を論理的なアプローチで解決する能力を身につけ、さらに専門的な知識を習得する。さらに、特別研究により専門的な実験技術を身につけるとともに最新の分析機器の測定原理や取り扱い方法を学び、高い研究推進能力を身につける。さらには、研究成果をまとめて、論理的に説明、発表できる能力を修得する。
  5. 4年間にわたる講義・実験での学びや、卒業論文作成を通して、化学知識の活用能力、論理的思考力、課題探求力、問題解決力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などを総合する力を身につける。

化学科では、こんな人を求めています。

  • 物質開発によって,社会に貢献したいという情熱をもつ人
  • 物質の機能や変化をもっと深く探求しようという情熱をもつ人
  • 環境問題やエネルギー問題を解決したいという情熱をもつ人
  • 生命現象と物質の関わりをもっと良く理解しようという情熱をもつ人

教育課程編成方針 (カリキュラムポリシー)と学修マップ

教育目標:21世紀は分子と分子機能の時代であるとの認識に立脚し、物質の構造・反応・機能を原子・分子のレベルから理解できるよう教授する。先端的な物質合成法、科学計測法、化学情報利用法などの教育も行い、これからの化学を担う国際的な人材を育成する。

カリキュラムポリシー:理学部化学科では、上記の教育目標を達成するため、以下のような方針に基づくカリキュラムを編成・提供しています。

  1. 全学共通科目の履修により、自然科学をはじめ広く人間・地域・社会に対する豊かな基礎的知識の習得と基本的な学習能力の獲得をめざす。さらに、国際的に活躍するために必要な語学力を修得する。
  2. 専門的な化学知識を体系的に学ぶため、専門教育科目を設置する。化学の基幹となる科目を必修科目として定めるとともに、学際領域を含めた広い範囲をカバーする多くの選択科目を設置することで、学生の多様な好奇心と探求心を満たすことをめざす。さらに、知的好奇心、探究心を広げ、他分野の知識を習得することを積極的に奨励する。
  3. 物質を扱う高度な実験技術、論理的思考力、実験結果をまとめて発表する能力を修得するために、実験科目を設置する。
  4. 高度な論理的思考力にもとづく問題解決能力、研究を推進する能力、研究成果を論理的に説明できる能力を修得するために特別研究を設置し、卒業論文の提出、研究発表を課す。

化学科学習マップ

新入生向けカリキュラム紹介メッセージ

次世代のニーズに合った質の高い教育を実践

本学の化学科には、大きく分けて「物理化学系」「有機化学系」「無機化学系」の 3 つの研究分野があります。学生とマンツーマンで、質の高い教育と、最先端の研究に当たっています。長年培われてきたこの教育の特微は、広く学会や社会からも高く評価されています。また、各研究室での研究を行う際に必要な設備も充実しており、共同利用施設である分析室には自由に使える超伝導 NMR 装置、質量分析装置、自動 X 線構造解析装置などが完備しています。化学を学び、その研究を志す君たちにとって、恵まれた教育環境にあります。

卒業生の過半数が大学院へ進学し、より高度な学問を習得した人材として社会で活躍しています。最近の民間企業では、多様化した社会ニーズに対応できる人材として、化学の基礎を積んだ理学部出身の学生を広く求めています。特に、高度な学問と研究を積んだ大学院生の入社を歓迎しています。各企業の研究部門や製造部門の他、大学や国公立研究機関で数多くの卒業生が活躍しています。また、卒業生の中には、中学校、高等学校の教員として活躍している人も多くいます。広範囲の科学知識と化学の専門知識によって、学生の多様な好奇心を満たし理科教育のすそ野を支えています。