公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

理学部物理学科

物理学科の 3 ポリシーと学修マップ

学位授与指針 (ディプロマポリシー)

所定の単位を取得することにより、以下の要件を満たした学生に、学士学位を授与します。

  1. 全学共通教育科目の履修を通して、幅広い教養と外国語能力を習得すること、自主的・総合的な判断力を養成すること、そして社会人として必要な教養を身につけること。
  2. 理論的手法と実験的手法の両方を修得し、あらゆる対象から智見を得ることのできる基礎的能力と、得られた智見を正確に伝える能力を身につけること。

物理学を理解する基礎学力を有する人で、以下に挙げたタイプのいずれかに当てはまる学生を求めます。

  • 自然のなりたちや美しさに興味を抱いている人
  • ものごとの基本原理を理解したい人
  • 実験や観察に工夫をすることや、ものを作るのが好きな人
  • 集中して考え続けるのが好きな人

教育課程編成方針 (カリキュラムポリシー)と学修マップ

物理学の対象は、素粒子・原子核の極微の世界から天体や宇宙を扱う極大の世界まで、また、超低温や高温プラズマといった極限環境の物質から室温に近い環境での物質の性質まで、森羅万象にわたります。このようにあらゆる対象から智見を得る、理論的手法と実験的手法の両方を修得するために、専門科目(講義、演習、実験)が基礎から先端まで体系化されたカリキュラムを提供しています。

  1. 自ら調査・探求・検討する論理的思考力と発表による表現力や、英語による理解力・表現力など、大学での学びの基礎となる力を養うために、導入科目(物理学演習)を配置します。
  2. 幅広い教養、多面的な視野、外国語によるコミュニケーション能力を養うために、基礎教育科目、総合教育科目、外国語科目、健康・スポーツ科学科目を配置します。
  3. 基礎教育科目の一部を必修の基礎的な科目と位置づけ、基礎から専門科目による根幹へ、さらには先端科目へと進みます。その過程で対象から智見を得る理論的手法と実験的手法の基礎的能力を養います。
  4. 現代の物理学を理解する先端科目(素核宇宙物理学、物性物理学、統計解析など)を配置し、4 年生で行なう卒業研究と発表を通して、対象から智見を得る能力と得られた智見を正確に伝える能力を養います。

物理学科学習マップ
学生用に作成された学修マップはこちら

新入生向けカリキュラム紹介メッセージ

物理学は、実験や観測によって現象を把握し、その現象だけでなく、まだ実験や観測で確認されていない現象をも予言できる高度に洗練された理論を、数理的に構築することをめざします。そして、構築された理論がどのような状況で正しい予言をするのかを、実験や観測によって確認することにより、理論はより洗練されたものになります。この手法はとても強力です。実際、物理学の研究領域は、素粒子・原子核の極微の世界から天体や宇宙を扱う極大の世界、また、超低温や高温プラズマといった極限環境の物質から室温に近い環境での物質の性質まで、森羅万象にわたっています。このように、あらゆる対象から智見を得ることができる基礎的能力を身につけるためには、並大抵の努力では不可能です。怠らず、学んでください。