公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

平成25年度  杉本地区全学防火・防災総合訓練の実施とパネル展

「震災を考える日」の取り組み

~「震災の記憶を風化させない」~

杉本地区全学防火・防災総合訓練の実施とパネル展

 大阪市立大学では、東日本大震災後、D-MATの派遣、復興のための義援金を募るとともに、学生ボランティアの3回の現地派遣、分野横断的に行った都市防災研究、また、その成果を出版物「いのちを守る都市づくり」【課題編】【アクション偏】として発刊する等の取り組みを行ってきました。

 一方で、地震をはじめ、将来、見舞われる恐れのある様々な災害に対して、万全の備えを目指し、災害物品の備蓄や生活用水の確保等にも努め、さらに防災訓練も重ねてきているところです。

 震災から2年が経過した現在、「震災の記憶を風化させない」という志のもと、初めて、2限目終了後のタイミングで、大規模な防災訓練を実施し、その日を起点に「震災を考える日」としてパネル展と義援金の募集を行い、災害への備えと更なる復興支援に取り組みます。

 皆様のご協力をお願いします。

1   防火・防災総合訓練

 ◎日  時  平成25年6月4日(火)12:00~14:30

 (学生は12時10分から10分程度ですのでご協力ください。)

 ◎場  所  大阪市立大学 杉本キャンパス(大阪市住吉区杉本3-3-138)

杉本キャンパスにおいて在学中のすべての学生、院生、教職員を対象に、4,000人規模での防火・防災総合訓練を行います。いざ災害が発生した時に混乱せず、適切に行動するには日頃の訓練が重要です。いざという時の自分の行動等実施内容は以下の通りです。

防火・防災総合訓練 12:00~14:30

<実施内容>

12:10

地震発生(震度6強の直下型地震により、各地区において1箇所で火災が発生)

12:10~12:40

学生は安否確認カードを記入後解散

各隊で以下の訓練を実施

■避難誘導訓練 … 避難誘導後、避難者に安否確認カードを記入させ回収

 

H25 防火・防災総合訓練

去年の訓練の模様

 

■消火訓練 … 建物内で模擬消火後、建物外で粉末消火器を用いて使用方法の訓練

■救出救護訓練 … 保健管理センターにおいて、トリアージカード・応急処置

■通報・連絡訓練 … 本部班は各地区の被害状況を集約し、関係機関に連絡

12:45~14:30

・自衛消防隊統括管理者(副理事長)あいさつ

・各地区隊長、本部隊各班長から訓練報告

・住吉消防署より訓練講評

・研修「災害時に求められる大学の役割」生活科学研究科 生田英輔 講師

・管理権原者(理事長)総括

 

2  都市防災研究のパネル展示及び義援金の募集

学術情報総合センター1階において、義援金の募集を行い、復興支援への機運を高め、意識啓発を図ります。

◎日  時  平成25年6月4日(火)より一定期間

◎場  所  大阪市立大学学術情報総合センター1階

6月4日から一定期間、義援金の募集を行い、上記義援金とあわせて寄付する。 

 お問い合わせ先

    企画総務課総務担当  TEL:06-6605-2011 / FAX:06-6692-1295

企画総務課安全衛生管理担当    TEL:06-6605-2097 / FAX:06-6605-2120

 

 

 

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ