公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

沿革

学外活動施設の必要性を感じていた大阪市立大学体育会が白馬村に山荘建設のための土地を購入したのが本施設のスタートである。

1966年 体育会が長野県北安曇郡白馬村に土地購入(1908㎡)
1973年 同地に後援会と体育会の共同で山荘竣工
平屋建 延 106㎡ 名称を「遠見山荘」とし、建物を大阪市に寄附
1974年 一部増築(42㎡)し、同土地と共に大阪市に寄附
1977年 2階部分増築(105㎡)し、「白馬セミナーハウス」に改称
1980年 隣地購入(4166㎡)
延床面積 253㎡ 延べ敷地面積 6074㎡になる
1993年 白馬セミナーハウス20周年記念式典
1998年 長野冬季オリンピック
1998年 長野冬季パラリンピックにおいて大会運営容認の宿泊施設として提供
2010年 管理運営が後援会から本学直営方式に切り替え