公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

大阪市立大学教育改善・FD宣言

大阪市立大学は、2010年3月に採択された大阪市立大学憲章の理念に基づき、本学の教育改善とそのためのFD(Faculty Development)についての基本的姿勢を表明し、広く社会の理解を得るとともに、学内での一層の議論と実践を深めるために本宣言を採択する。

大阪市立大学は、大学の普遍的使命である「優れた人材の育成と真理の探究」を行い、「市民の誇りとなる大学」となるために、その教育理念に基づいて教育の質の向上と維持へのたゆまぬ努力を行ってきた。この努力を支えてきたのは、各教員及び個別部局等の教員団で幅広く多様に実施されてきた教育改善の伝統であった。本学は今後も、その伝統・基盤を尊重・重視しながら、大学全体として質の高い教育を恒常的に実現するとともに、一層の向上を自律的にめざす。

大阪市立大学は、自らが推進する教育改善のためのFDを、「質の高い教育活動を維持し、教育力の一層の向上に資するための、教員団を中心とする構成員の自律的で組織的な改善の活動」と定義し、個々の授業内容・方法の工夫に限らない、より幅広い意味において捉える。

大阪市立大学は、教育活動の主たる担い手である各教員及び個別部局等の教員団が、学士課程および大学院のいずれの課程においても、「本学の学生に真に学ばせるための教育改善」にこれまでも真摯に力を注いできたことを再確認し、今後も恒常的に一層の質の向上を図るものである。

大阪市立大学は、また、この自己点検活動に基づく恒常的な教育向上の取組みを基盤としつつ、それらの取組みが本学の教育活動全体の質の向上に真に結びつくものとなるよう、部局を超えた全学的な教育改善・支援を、効果的かつ組織的に行う。

大阪市立大学は、さらに、このような教育改善・FD活動が、各教員はもとより、大学教育研究センター・教育推進本部・大学経営層・大学職員、さらには教育対象であり自律的学習主体でもある学生を含む大学構成員各層で、それぞれの責務・特性・状況に応じて多様かつ恒常的に、また、組織的に行われてきたことを再確認し、今後もそれらの取組みを一層推進する。

大阪市立大学は、この宣言の作成過程自体がFD活動の一環であることを認識し、構成員とともに、今後ともたゆむことなく教育の質の維持・向上を自律的にめざすことを宣言する。

2011年3月
大阪市立大学