公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

参考情報

 主要な語学テスト

それぞれのテストや種類、形態、試験日など詳細は、ウェブサイトでご確認ください。

英語

  • TOEIC®

    http://www.toeic.or.jp/
    TOEICテスト(Test of English for International Communication)は、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。
    リスニング問題、リーディング問題をマークシート方式で回答します。英語によるコミュニケーション能力を総合的に測定し、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されます。

    *TOEICのスコアを単位認定している学部もあります。詳しくは各学部事務室までお問い合わせください。
    *大阪市立大学では、平成23年度新入生を対象にTOEIC(IPテスト)を実施いたしました。(単位認定外)

  • TOEFL®

    http://www.cieej.or.jp/toefl/
    TOEFLテスト(Test of English as a Foreign Language)はアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学をはじめとした、130カ国8,000以上の機関が、TOEFLテストスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。現在、日本ではTOEFL iBT(Internet-based Testインターネット版TOEFLテスト)が実施されています。「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定し、0~120点のスコアで示されます。

    *TOEFLのスコアを単位認定している学部もあります。詳しくは各学部事務室までお問い合わせください。

  • IELTS

    http://www.ielts.org
    アイエルツ(IELTS)は、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほとんどの高等教育機関で認められています。米国でも TOEFL に代わる試験として、入学審査の際に採用する教育機関が増えています。

  • Cambridge英検

    http://www.justycom.jp/cambridge/index.html
    ケンブリッジ大学(Cambridge ESOL)が実施しているケンブリッジ英語検定は、130ヶ国以上で実施されている年間300万人以上が受験する試験です。

ドイツ語

  • ドイツ語技能検定試験

    http://www.dokken.or.jp/
    ドイツ語技能検定試験は、1992年から実施されている検定試験です。年に2回実施されています。

  • TestDaF

    http://www.testdaf.de
    日本語による紹介(ドイツ文化センター)
    留学生を対象とした欧州語学力評価基準におけるB2からC1レベルまでの語学力を判定するための試験です。試験結果は3、4、5の3段階で評価され、読解、聴解、作文、口頭試験の4項目すべてにそれぞれ成績がつけれらます。評価が3以下の場合は、いわゆる不合格の扱いとなります。すべての項目において4以上の成績を取ることを、多くの大学で入学の条件としているようです。

フランス語

  • 実用フランス語技能検定

    http://apefdapf.org/
    実用フランス語技能検定は、日本人学習者を対象として、文部科学省および在日フランス大使館文化部後援をうけて実施されるフランス語の技能検定試験です。

  • DELF/DALF

    http://www.delfdalf.jp/
    DELFとDALFは、フランス国民教育省認定フランス語資格試験です。
    DELF(A1・A2・B1・B2)・DALF(C1・C2)の6つのレベルの試験があります。
    試験には、筆記試験(聴解・読解・文書作成)と口頭表現試験があり、4つの能力が評価されます。合格するとディプロム(証書)が発行されます。

    DALF C1を取得すると、フランスの大学の学部に入学する際に義務付けられているフランス語能力評価試験が免除されます。
    フランスやフランス語圏及びヨーロッパの高等教育機関でも広く認可されつつあります。日本では、フランス政府給費留学生試験の一部が免除されています。

  • TCF

    http://www.ciep.fr/tcf/
    日本語による紹介(駐日フランス大使館ウェブサイト内)
    TCFはフランス教育省が行うフランス語学力試験です。すべての受験者はヨーロッパ評議会(ヨーロッパ共通基準枠組み)が定めた6等級区分(A 1からC2)の内のいずれかに等級付けされた証明書を受け取ります。従ってTCFに不合格はありません。

ロシア語

  • ロシア語検定試験

    http://www.taibunkyo.com/kentei/kentei.htm
    総合的なロシア語力を認定するため、「読解力」だけでなく、「聴取力」や「会話力」も評価されます。それぞれの科目で6割以上の点数を取らなければ合格とはなりません。たとえ合計点で6割以上を取ったとしても、6割に達していない科目が一つでもあれば不合格となります。

中国語

  • 中国語検定試験

    http://www.chuken.gr.jp/
    中国語検定試験は、1981年から実施されている検定試験です。2005年からスコア式ビジネス中国語検定試験も実施しています。

  • 中国語試験HSK

    http://www.hskj.jp/index.html
    HSKは、中国政府教育部(日本の文部科学省に相当)の認定する中国語の語学検定試験で、HSK証書は中国留学の際の基準や就職や転職の際にも活用されています。

韓国語

  • S-TOPIK(一般韓国語能力試験)

    http://www.kref.or.jp/moushikomi
    韓国語能力試験は、大韓民国政府が認定する試験です。韓国語の教育評価を標準化し、韓国語を母語としない韓国語学習者に学習方法を提示するとともに、韓国語の普及や、試験結果の学習・留学・就職等への活用などを目的に、世界35カ国で一斉に実施されています。

  • ハングル能力検定

    http://www.hangul.or.jp/index.php
    日本語を母国語とする人を対象とした検定試験です。特にコミュニケーション能力を重視した試験内容となっています。

これらの検定試験の他にも検定試験も多数あります。留学したい国、学校がどの検定試験結果を求めているのか、各教育機関のホームページも必ずチェックしてください。

関係情報