公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

2012年度語学研修レポート(英国 シェフィールド大学)

文学部3回生 澤田春花

私はこの研修に参加したことで、最高の一か月を過ごすことができました。研修前は、自分のつたない英語が通じるだろうか、ステイ先の家族とうまくやっていけるだろうかなど、多くの不安がありました。しかし、それらの心配は杞憂に終わりました。私の研修は素晴らしい人と土地に支えられたおかげで、充実そのものでした。

私のイギリスでの生活は、ホームステイ先の家族抜きには語れません。彼らのおかげで、私は英語で話すことに自信を持てるようになりました。彼らは毎晩私に、その日一日の出来事を尋ねてくれたので、私は研修中毎日、現地の人と会話することができました。また、私の家庭は、ホームパーティーや外出など、イベント事の多い家庭でした。それらに私も参加させてもらえたので、イギリス人の生の暮らしに触れることが出来ました。また、滞在先のシェフィールドの人たちも優しい人ばかりでした。私が道に迷うなど、困った時も、彼らは親切に応対してくれました。

最初は、英語を綺麗に喋ろうとして、かえって通じない状態でした。語学学校には日本人の生徒もたくさんいたのですが、私の英語はその日本人にしか通じない、いわゆる日本英語でした。しかし、ステイ家族、現地の人々、他国の友達等と積極的なコミュニケーションをはかっていくうちに、あることに気がつきました。言葉を上手く喋ろうと考えるのではなく、全力で自分の思いを相手に伝えようとする気持ちや姿勢が大切だということです。これはどんな言語においても同じではないかと感じます。この全力でぶつかる姿勢を養えたことが、この研修においての、私の一番の財産だと考えます。この姿勢を持って、語学学校での授業も積極的に発言し、英語での英語の授業を非常に有意義に、楽しむことができました。

クラスメート.jpg

シェフィールドをはじめ、イギリスの街並みは非常に美しく、少し街を外れるとそこには、雄大な自然が広がっています。イギリスは島国として、長く誇りある歴史を持った素晴らしい国で、人々も寛容で親切だという印象を受けました。

ピークディストリクト.jpg

Chatsworth house.jpg

この研修に参加して出会った、たくさんの素敵な人々や景色に感謝の気持ちでいっぱいです。