公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

2012年度語学研修レポート(英国 オックスフォード大学ハートフォードカレッジ)

経済学部2回生 安部 卓哉

 今回の留学が私にとって初めての海外でした。日本とは違った建物・人々・景色すべてが私にとって新鮮でした。しかし同時に英語の難しさにも直面しました。最初の数日は緊張していたのもあって会話どころか相手の言葉を聞き取るのにも一苦労で思っていることを伝えるなんて夢のまた夢でした。でも、そんな時RAの方たちが分かるように説明してくれたり、現地の先生方が何度も繰り返し説明してくれたおかげで、少しずつですが会話ができるようになってきました。授業ではどうすれば相手にわかりやすく伝えるか、プレゼンの組み立て方、効果的な話し方などが私にとってためになりました。相手にわかりやすく伝えるにはアクセントやイントネーションなどに気をつける必要があり、日本にいるときでは学べなかったような内容でした。

 また、プレゼンに関する授業では、英語特有の言い回しや相手がもっと知りたくなる・興味を持つような図などの示し方や説明のしかたを学ぶことができました。授業以外にもRAの方たちが気さくに話しかけてくれたおかげで英語で会話する楽しさが分かったり、イギリス文化を体験・体感させてもらったので言葉でしか聞いたことのなかったことも実際に感じることができました。いつもサポートしてくれたRAの人たちには本当に感謝しています。

 土日の休日は自分たちでいろんなところに観光に行きました。私の場合は友達と二人でイギリスの田舎に1泊の旅行に行きました。宿への行き方や電車の乗り換えが分からないというハプニングもありましたが、現地の人に尋ねるととても親切に教えてくださり何とか無事に目的地まで辿りつけました。この留学で私は英語で話す・討論することに対する自信がつきました。しかしそれと同時にもっと英語の勉強していろんな国の人たちと話をして様々な知識を得たいと強く思いました。

 この留学をきっかけにさらに英語の勉強をがんばりたいと思います。