公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

2012年度語学研修レポート(カナダ ビクトリア大学)

商学部2回生

 平成24年9月3日から30日の研修についてご紹介します。まず、ビクトリアの第一印象は、緑が沢山あって穏やかなところだと思いました。

 大学の授業は初日にクラス分けのテストがあったので、自分のレベルに合ったところでした。私たちと同じように夏休みを利用して語学研修に来た日本人が多かったので、私のクラスは生徒が全員日本人でしたが、いろいろな大学の人と一緒になり、友達になりました。授業は午前と午後の二部構成で、書くよりも話す授業でした。プレゼンテーションやディスカッションがあり、自分の考えをいかに英語で伝えるかを磨く授業だったと思います。月末には一か月間の理解度を計るテストもありました。

 私のホストファミリーは5歳と7歳の男の子がいたので賑やかでした。お母さん方もとても優しい方でした。以前に何人か日本人の学生を受け入れたことがあるご家庭だったので、滞在中困ることもありませんでした。日本食、特にお寿司が好きなご家庭で、食事に出たりもしました。作ってくださったカナダ料理も美味しかったです。ただ、料理は受け入れ先の家庭によって味はだいぶ違ってくると思います。

 週末は大学のアクティビティに参加したほか、友達とダウンタウンに行きました。ファミリーとは、週末山に登ったり、「Terry Fox Run」というイベントに参加したり、ハイキングに行ったりと体を沢山動かしました。友達の中にはバンクーバーに行った人もいましたが、私はずっとビクトリアにいました。

 カナダに対するイメージは、同じ年の春にビクトリア大学に語学研修へ行った友達から話を聞いていたので、大きく変わったことはなかったです。自分自身の語学力に関しては、聞く力が伸びたと思います。また、英語で自分の気持ちを流暢に言えるようになりました。

 ひと月の研修は思っていたよりも短く感じて、もっとカナダで勉強したいと思いながら日本に帰りました。日本に戻ると常に英語に触れるという環境ではないので、多少英語力が落ちてしまう問題があります。そこはインターネットのオンライン英会話などで英語に触れる時間を作るよう努力しています。なにより、海外の家族と寝食を共にし、異文化に触れたことは私にとって素晴らしい経験となりました。今回の研修に参加して本当に良かったと思っています。

修了式.jpg

(修了式の様子)