公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

2014年度語学留学レポート(オックスフォード大学ハートフォードカレッジ)

商学部 3回生 杉本淳美 

今回私がオックスフォード語学研修に参加した大きな理由はイギリスへの憧れと、有名なオックスフォード大学で勉強が出来る、と知ったことでした。

友達と一緒に行こう!と言って、参加するのはやめておこうと思い、一人で応募してドキドキしていたのを思い出します。今は研修に参加した人たちとは仲良くなれてとても嬉しいです。

オックスフォードでの生活はとても新鮮でした。毎朝起きたら外の空気を吸いに散歩をしたくなるような景観、日本とは違う味付けのご飯、当たり前ですが聞こえる音、見える文字は英語ばかり。毎日お昼休みには街を散策して、日本にはないものを見つけて楽しく過ごしていました。

日本も宗教はありますが、それは日常生活にあまり色濃く見えてはきません。しかしイギリスにはたくさんの教会があり、日常生活に密着している宗教を肌でしっかり感じることができ、日本との宗教観の違いは大変興味深かったです。 

英語の授業は英語圏の国だからこそ教えてもらえることばかりで、日本では学べないようなことをたくさん学べました。やはり、スピーキングとライティングは違うと感じました日本で机に向かって勉強したことも実生活で使うのですが、反対に使わないこともたくさんありました。そういうところも面白かったです。

 休みの日にはロンドンに行きました。タワーブリッジ、バッキンガム宮殿、マーケットなどたくさんの観光名所をめぐりました。地下鉄は思ったよりも乗りやすく、迷うことなく目的地に着くことができ充実した時間を過ごすことができました。オペラ座の怪人の舞台を見に行ったのですが、本当に感動しました。いい思い出です。

平日は授業後にRA(Residence Assistant)が色々なお世話をしてくれ、一緒に遊んだりもしました。みなさんとても親切で本当に感謝しています。アイスを食べに連れていってもらったこと、公園で鬼ごっこをしたこと、部屋でダンスをしたこと、卓球大会をしたこと、たくさん思い出があって今すぐ会いに行きたいくらいです。少し苦労したのは食生活でした。イギリスの味に慣れることなく日本に帰ってきました。日本食が恋しかったです。

今回の研修は本当に充実していました。勉強も観光もたくさんすることができましたし、これからずっと仲良くできそうな友人にも出会うことができ本当に参加してよかったと思います。

RAと一緒に訪れたパブ
    RAと一緒に訪れたパブ