公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

入学料納付区分認定手続

対象者

「大阪市民及びその子」の対象者は次のとおりです。

  1. 入学者本人が入学日の1年以上前から引き続き大阪市内に住所を有する者。
  2. 上記 1 に該当しないが、入学者本人と同一戸籍にある父又は母が入学日の1年以上前から引き続き大阪市内に住所を有する者。

日本国籍を有しない人も同一の要件です。
平成30年4月1日入学の場合、平成29年4月1日以前より引き続き大阪市内に住所を有することが必要。

必要書類

対象者の 1 に該当する方
入学料納付区分認定願【様式1】】と住民票を用意してください。

対象者の 2 に該当する方
入学料納付区分認定願【様式1】】と 住民票(父又は母のもの)と 戸籍一部事項証明書(※)を用意してください。
(※父又は母が日本国籍を有しない場合は、「戸籍一部事項証明書」の代わりに、続柄の分かる公的書類

入学料納付区分認定

所定の日時までに入学料納付区分認定手続きを完了した場合「大阪市民及びその子」の入学料が適用されます。

入学料納付区分認定実施日時は入試日程により異なります。詳細は募集要項または合格後に送付される書類をご覧ください。

入学料納付区分認定実施日時に「入学料納付区分認定」を行いますので、必要書類を揃えて、本学指定の入学料納付区分認定窓口へ持参してください。

合格発表日から入学料納付区分認定実施日まで短期間ですので、速やかに関係書類を整えてください。

入学料納付区分認定完了時に「大阪市民及びその子」の入学料振込用紙を交付します。

注意事項

  • 公的書類の交付は入学料納付区分認定を実施する月に受けてください。
  • 住民票の交付を受けた際に、証明事項欄の「市民となった年月日」が入学日の1年以上前から証明されていることを確認してください。
  • 住民票は、入学日の1年以上前から引き続き大阪市内に住所を有していることを証明するために必要です。役所窓口でこのように申し出てください。申し出がない場合は、必要項目が省略され、認定できないことがあります。
  • 戸籍一部事項証明書は、入学者本人との続柄及び入学者本人と同一戸籍にあることを証明するために必要です。役所窓口でこのように申し出てください。申し出がない場合は、必要項目が省略され、認定できないことがあります。
  • 「大阪市民及びその子」である方は、必ず入学料納付区分認定を受けてから入学料を納付してください。
  • 入学料徴収猶予を希望する方で入学料納付区分認定を受ける方は、予め入学料納付区分認定を受けてから徴収猶予の手続を行ってください。
  • 入学料納付区分認定実施日時以外に認定を希望する場合は、財務課まで必ず事前にご相談ください。