公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
イベント情報

<受付終了>平成24年度大阪市立大学国際学術シンポジウム 市民講演会 「宇宙と素粒子のなりたち」

2012年02月22日掲載

好評により満席となりましたため、受付を終了しました。

大阪市立大学では、「宇宙と素粒子」をテーマに最新の動向について、高校生や市民のみなさんを対象に科学のおもしろさ、不思議さを実感いただくための市民講演会を企画しました。

南部陽一郎先生(本学特別栄誉教授、2008年ノーベル物理学賞受賞)が導入された2つのアイデア「対称性の自発的破れ」、「弦(紐)」によるミクロ物理の最先端、宇宙観測の発展とともに進歩を遂げた「超初期宇宙」について、フロンティアで活躍する研究者が、宇宙という極大な世界と、素粒子という最も小さい構成要素の世界について、わかりやすくお話します。多くの方のご参加をお待ちしています。

日時 平成24年4月7日(土)17:00~19:30(開場16:30) <受付終了>平成24年度大阪市立大学国際学術シンポジウム 市民講演会 「宇宙と素粒子のなりたち」
クリックするとPDFを表示します
場所 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)最上階特別会議場
大阪市北区中之島5-3-51
定員 200名
費用 無料
主催 大阪市立大学
共催 大阪市立科学館
プログラム 挨拶:宮野 道雄(大阪市立大学副学長)
<講演>
「対称性の自発的破れと素粒子物理」
糸山 浩司(大阪市立大学大学院理学研究科教授)
「宇宙の始まる前」
横山 順一(東京大学大学院理学系研究科・ビッグバン宇宙国際センター教授)
「究極理論に向けて―超弦理論の展望」
川合 光(京都大学大学院理学研究科教授・京都大学G-COE拠点リーダー)

本会議ウェブサイト


項目 詳細
開催日 2012年04月07日(土)
17:00 - 19:30

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ