公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
イベント情報

サイエンスアゴラ2016 キーノートセッション「震災から5年~いのちを守るコミュニティ~」

サイエンスアゴラ2016 キーノートセッション「震災から5年~いのちを守るコミュニティ~」


 平成28年11月3日(木・祝)~6日(日)の4日間、都市防災教育研究センター(CERD)が共催している「サイエンスアゴラ2016」(国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)主催)が、東京 お台場地域にて開催されます。
 
 CERDは最終日の11月6日(日)に、東北大学 災害科学国際研究所と共にキーノートセッションを開催します。「震災から5年~いのちを守るコミュニティ~」と題し、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震において取り組まれている「いのちを守る」活動について紹介するとともに、被災地の高校生にも登壇いただきます。
 未来社会にどのようなくらし・コミュニティのかたちを求めるか、どのような価値観で社会をつくるかという視点を基軸に、防災・減災に関する各地の活動・取り組みを振り返り、できたこと、できなかったことについて、対話を通して共有する場になることを願っています。

サイエンスアゴラ2016 開催概要

項目詳細
開催期間 平成28年11月3日(火・祝)~6日(日)
開催場所 東京 お台場地域
プログラム サイエンスアゴラ2016のサイトはこちら
参加費 無料
主催 国立研究開発法人科学技術振興機構
共催 大阪市立大学都市防災教育研究センター、日本学術会議、国立研究開発法人産業技術総合研究所、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター、独立行政法人日本学生支援機構、国際研究交流大学村、東京都臨海副都心グループ、名古屋大学、東北大学災害科学国際研究所、静岡科学館る・く・る

11月6日(日) 震災から5年~いのちを守るコミュニティ~ ※同時通訳あり

項目詳細
開催時間 13:30 ~ 15:00 ※受付開始 13:00
開催会場 A会場(日本未来科学館 7階 未来館ホール)
企画番号 Ab-121 
プログラム 【モデレーター】森 一彦(大阪市立大学都市防災教育研究センター 所長)

【1】大震災から学び伝える
・阪神・淡路大震災からの教訓~想定外をコミュニティ力で乗り越える
  室崎 益輝(兵庫県立大学防災教育センター センター長)
・マスメディアと防災・減災(仮)
  中鉢 奈津子(東北大学災害科学国際研究所 特任助教)
・都市防災におけるシチズンサイエンス-防災・減災×ICT-
  吉田 大介(大阪市立大学都市防災教育研究センター 研究員)
・熊本地震の応急対応・復旧・復興における大学の地域貢献
  藤見 俊夫(熊本大学大学院 先端科学研究部 准教授)

【2】コミュニティがいのちを守る
・コミュニティ防災力の向上に関わる中学生の役割
  三田村 宗樹(大阪市立大学都市防災教育研究センター 副所長)
・アクティブラーニング型災害訓練に参加して:感想とコメント
  大阪市立瓜破西中学校【ビデオメッセージ】
・防災未来工場-キッズ防災リーダー育成プロジェクト
  東田 豊彦(積水ハウス)
・多賀城高校の防災・減災への取り組み
  宮城県多賀城高等学校

【3】参加者とのディスカッション

参加費 無料
定員 300名(当日先着順)
主催 大阪市立大学 都市防災教育研究センター
東北大学 災害科学国際研究所
お問い合わせ 大阪市立大学 都市防災教育研究センター
電話:06-6605-2902
http://www.cerd.osaka-cu.ac.jp

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ