公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
国際交流

国際貢献

歴史

1995年~2005年(第1期~2期)

大洋州地域から研修員を受入
(11年間に13カ国から57名受け入れ)

2008年~2010年(第3期)

中東地域から研修員を受入
(2008年:ヨルダン、トルコ、イエメン、チュニジアから5名)
(2009年:ヨルダン、イエメン、チュニジアから4名)
(2010年:アルジェリア、トルコ、イエメン、エジプトから7名)

2011年(第4期)

タジキスタン、トンガ、フィジー、ブータン、ブルンジ、マラウィ、モルディブ、スリランカから9名を受入

地域別研修「中東地域 太陽光エネルギー発電技術」

研修生は、自国で地方電化、再生エネルギーの実務・研究に携わっている方々で、技術研修前半は基礎理論を学ぶ「講義」、後半は研究室や野外での「演習・実習」を行っています。さらに、工場見学や日本文化を知るための研修旅行や、関連企業での企業研修も盛り込んでいます。