公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
国際交流

留学生受入方針

本学は国際都市大阪に位置し、大阪市の大学として設立から130年以上の伝統を持つわが国最大の公立大学である。本学が国際的な大学をめざすことは当然であり、実際これまで多くの留学生を受け入れ、有為な人材を輩出してきた。

一方、高等教育のグローバル化がますます進展するなか、日本政府は2008年に、2020年を目途に留学生受け入れ30万人を目指す「留学生30万人計画」を発表した。留学生施策は大学の国際化を示す重要な指標の一つと位置付けられ、社会的評価を高めるものとして、各大学においても様々な形で取組み強化がなされるに至っている。このような状況の中にあって、現在の本学における留学生施策は、必ずしも時代の要請に十分応えられるものであるとは言えない状況にある。

今後ますます高等教育レベルでの学生の流動が世界規模で高まるといわれる中、優秀な外国人留学生との交流は、日本人学生や研究者にとっても大いに刺激となり、また、本学への留学経験者が将来国内外において指導的な役割を果たすようになれば、本学のステータスの向上にもつながるなど、優れた外国人留学生を受入れることによる効果は計り知れないものがある。

そこで、本学の状況をふまえた上で、国際化戦略本部のもと、国際センターを中心に国際化アクションプランに基づき必要な施策を積極的に推進することにより、優れた外国人留学生を戦略的に獲得し、本学における教育・研究の一層のグローバル化をめざすこととする。