公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

工学部・工学研究科のチームがロボカップジャパンオープン2010大阪に出場

2010年04月26日掲載

研究・産学

大阪市立大学工学部情報工学科・大学院工学研究科電子情報系専攻の知識情報処理研究室が、龍谷大学の研究室との合同チーム「Baby Tigers DASH」として、平成22年5月2日~4日に開催されるロボカップジャパンオープン2010大阪に出場します。


「Baby Tigers DASH」は標準プラットフォームリーグの4足リーグに出場します。このリーグでは犬型ロボットに各チームがプログラムを組み込み、サッカーで勝敗を競います。 「Baby Tigers DASH」は今年で6回目の出場で、過去最高の成績は優勝。 2005~2008年には、日本大会を勝ち抜き、世界大会へも出場しました(現在、世界大会の4足リーグは廃止されています)。

今年は昨年までの蓄積をもとに、新たに歩行精度などを強化し、二連覇を目標に大会に臨みます。知識情報処理研究室の学生たちは、指導教官である工学研究科・辰巳昭治教授のアドバイスを受けながら、土曜日や祝日もプログラミング作業に取り組み、大会に備えています。

 

ロボットに興味がある方は、ぜひ会場にお越しください。


工学部・工学研究科のチームがロボカップジャパンオープン2010大阪に出場 工学部・工学研究科のチームがロボカップジャパンオープン2010大阪に出場

ロボカップジャパンオープン2010大阪 開催概要

日時 平成22年5月2日(日)~4日(火)
会場 大阪工業大学大宮キャンパス
その他 詳細は「ロボカップジャパンオープン2010大阪 ホームページ」にて

※ロボカップは2050年までに人間型ロボット(ヒューマノイドロボット)がワールドカップサッカー優勝チームに勝利することを目指し、ロボット工学や人工知能の研究を推進するための国際プロジェクトです。
ロボカップジャパンオープン2010大阪では、「Baby Tigers DASH」が出場するリーグのほか、ヒューマノイドリーグ、マイクロロボットリーグなども開催されます。