公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

平成25年度 学部・大学院入学式を挙行しました

平成25年4月5日(金)に大阪市中央体育館において、平成25年度学部・大学院入学式を挙行しました。本年度の入学者数(平成25年4月1日現在)は、学部1,527名、3年次編入学生23名、大学院前期博士課程(医学研究科、創造都市研究科は修士課程)557名、大学院後期博士課程(医学研究科創造都市研究科は、博士課程)127名、法科大学院は、45名です。

本学コンサートバンドによる音楽演奏のなか入学生が入場し、最初に西澤良記学長が式辞を述べられました。西澤学長は「大阪市立大学は今年で創立133年を迎える長い歴史と伝統を持ち、市立の大学としては我が国で最も歴史が古く、公立大学として規模の最も大きな総合大学です。また、大阪市内に位置する唯一の総合大学でもあります。
 皆様は大阪市立大学の学生として4年間、あるいは6年間をまっとうされますが、その間、これからの新たな我が大学のチャレンジをまさに目撃されることになろうと思います。また、次世代への大きな飛躍のチャンスをともに得ていただいきたいと思います」と入学生に向けてメッセージを述べられました。

また、来賓祝辞として橋下徹大阪市長からの祝辞を村上龍一副市長が代読され、その後、大阪市立大学教育後援会の塚本副会長から祝辞をいただきました。

入学生代表として、学部代表の工学部 佐藤 雄太(さとう ゆうた)さん、大学院代表の看護学研究科 吉行 紀子(よしゆき のりこ)さんが宣誓を行いました。最後に大阪市立大学合唱団フリーデ、混声合唱団およびグリークラブによる式歌の斉唱、コンサートバンドによる音楽演奏があり、閉式となりました。

 

写真左:学部代表 佐藤雄太さん(工学部)
写真右:大学院代表 吉行紀子さん(看護学研究科)

式次第

・開式
・学長のことば
・来賓祝辞
   (大阪市長祝辞副市長代読)
   (教育後援会副会長祝辞)
・入学生代表宣誓
・式歌
・音楽演奏
・閉式