公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

高校化学グランドコンテストの功績により中沢教授(理)が化学教育賞受賞

 平成27年1月7日(水)、理学研究科の中沢浩教授が『第39回日本化学会化学教育賞』を受賞することが明らかになりました。受賞理由は「高校化学グランドコンテストを通した化学の普及ならびに国際化への貢献」です。

150121.JPG 高校化学グランドコンテストは、「高校生の理科離れをどうにかしたい、理科への食わず嫌いを減らし、化学の面白さを知ってもらいたい」という中沢教授の熱い思いから始まりました。事前調査を重ね、全国の高校生・高専生を対象とした課題研究のコンテストを企画、平成16年に第1回大会を開催後、毎年開催となり、平成26年までに11回開催しています。回を追うごとに参加校が増え第5回より大阪府立大学との共催に、第10回目となった平成25年は台湾とシンガポールからの参加で国際大会になりました。日本からの参加校の多くも英語でプレゼンテーションを行っています。今では「化学の甲子園」と呼ばれるようになり、本学を代表するイベントの一つになりました。
 今後も、若い人に化学への関心を持ってもらうと同時に、国際的な視点を持ってもらえるよう、中沢教授をはじめ本学はコンテストを発展させていきます。