公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

平成30年7月豪雨に関して (7/20更新)

 このたびの豪雨による災害によって、犠牲となられた方々に哀悼の意を表します。また、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
 今回の甚大な被害状況を踏まえ、より迅速に被災地や被災学生への支援を行うため、理事兼副学長を議長とする「災害支援対策会議」の設置を指示しました。
 今後、本会議において支援の方策等を協議し、本学としてできる限りの支援を行ってまいります。

公立大学法人大阪市立大学
理事長兼学長 荒川 哲男

被害に遭われた学生の方へ

 平成30年7月豪雨、並びに6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震を受けて、本学学生の皆さんの自宅や実家に家屋破損等の被害の発生がある場合については、その被害状況を各学部・研究科窓口までお申し出くださいますようお願いします。
 被害を受けた学生に対して、後期の授業料減免制度の適用について検討をしております。

災害支援対策会議

 災害支援対策会議を設置しました。(7/12)

 学生ボランティア派遣

 7月15日(日)大阪府立大学と共同で、有志学生による災害救援ボランティア活動を岡山県総社市内で行いました。
 大阪府立大学生19名、本学学生6名、職員4名の計29名が参加し、高梁川に面した昭和地区で、3班に分かれて浸水した家屋から廃棄する家具や畳などの搬出を手伝いました。
 今後のボランティア派遣についても現在検討しています。 (7/20)

   現地での活動の様子(7/15)

180715v-1.JPG 180715v-2.JPG