公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
研究・産学官連携

産学官連携推進本部長ご挨拶

ご挨拶

 

OSAKAから新しい成長戦略に貢献します

  

大阪市立大学は大阪市内にある唯一の総合大学として、優れた教育と研究を行い、広く社会で活躍する人材を送り出してきました。また、大阪市立大学が行う社会貢献についても大学の使命と認識し、OSAKAに発する文化と産業の育成に様々な取り組みを行ってきました。

 大阪市立大学産学官連携推進本部は、新産業や新技術の創生、都市の安心安全に貢献する産学官連携事業を推進する目的で設置され、企業や行政機関との共同研究やベンチャー企業の設立などの産学官連携活動を推進して参りました。平成29年度より新産業創生研究センターはURAセンターとなり、研究企画部門、リエゾン部門、知財部門の3つの部門を設置し、本学の更なる研究・産学官連携戦略の体制強化を図っています。

  本学においては、総合大学の強みを最大限に生かし、先端的研究や研究領域の垣根を超えた異分野融合を促進することにより、自由な発想を引出し、新たな研究・ビジネス領域の創出によるブランド力の強化と新産業創生を推進していきたいと考えております。

 産学官連携事業は、大阪市立大学の研究成果としてのシーズ提供に端を発したものが主となっていますが、大学が果たすべき役割はそれに限らず、大学と社会との間で双方向のシーズとニーズのマッチングを図り、大学の研究力を活かして産業の活性化に貢献することが必要です。大阪市立大学は、コンソーシアム事業の推進や金融機関、商工会議所などの協力を得て地域企業との連携を深める活動を行っています。

 産学官連携を推進するためには、絶え間ない基礎研究の実行が重要で、それによって学問の進展を図り、その成果を産学官の連携推進に繋げる正のスパイラル構造を構築することが必要です。産学官連携推進本部は基礎研究の進展を重視しつつ、社会と手を携えて新産業の育成、大阪市のシンクタンク機能としての役割を果たし、都市の安心安全の構築に資する活動を行っていきたいと考えています。

 皆様には、これからも大阪市立大学産学官連携推進本部の活動にご理解を賜り、URAセンターを活用してくださいますようお願い致します。

 

                                            平成29年4月吉日

 

学長補佐(兼)産学官連携推進本部・本部長
宮野 道雄