公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
研究・産学官連携

新たな事業を提案するテクノロジーフェア~大阪市大・大阪府大・兵庫県大~を開催しました

 大阪市立大学は、大阪府立大学・兵庫県立大学と共に、平成30年2月19日(月)に「新たな事業を提案するテクノロジーフェア~大阪市大・大阪府大・兵庫県大~」を大阪産業創造館にて開催しました。
 本事業は近畿経済産業局補助金事業「平成29年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金(地域中小企業知的財産支援力強化事業)」の一環であり、成果発表の位置づけとして行いました。
 当日は、3大学が持つ特許出願された技術シーズを事業支援機関の監修のもと、中小企業経営者に向けて、利用可能性や販売想定など、事業化に向けたさまざまな視点から考察した技術シーズの発表・展示を行いました。オープンイノベーションを活用した新たな事業や、大学・研究機関等とのコラボレーションによる製品開発などのきっかけとする事が出来ました。

発表内容

・宮野学長補佐による開会挨拶

・(発表1)
  姿勢保持具「疲れにくいチェア」 
  生活科学科 三浦 研 元教授(現、京都大学)  

・(発表6)
  飛行体システム及び飛行体制御方法「バッテリーを気にしないマルチコプター」
  工学研究科 今津 篤志 講師 

・(発表8)
  抗肥満剤「タイショウガでメタボ改善」
  生活科学研究科 小島 明子 准教授発明案件 

当日の様子

fea20180219-1 fea20180219-3
fea20180219-4 fea20180219-2

このカテゴリー内のナビゲーション