公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
研究・産学官連携

シーズ詳細<研究科別>

経営学研究科

  1. マネジメントに貢献するメンタルヘルス・ケア(栗岡 住子)
  2. 製品デザイン評価システムの多面的拡張(創造性・都市・地域経営)(岡野 浩)
  3. 戦略的原価管理の理論と実務(卜志強)

経済学研究科

  1. 日本を中心とする人口問題と社会政策(杉田 菜穂)

文学研究料

  1. 認知心理学、思考と推論、認知と文化(山 祐嗣)
  2. 特別なニーズ教育論(湯浅 恭正)
  3. 中国現代文学、中国現代演劇(松浦 恆雄)
  4. コミュニケーション、コラボレーション、コミュニティ創発(福島 祥行)
  5. 患者決定・中心のCDA会話分析、認知症患者による言語表層とコミュニケーション様態の談話分析、商業談話分析(網野 薫菊)

理学研究料

  1. 非線形偏微分方程式の適切性の研究(岩渕 司)
  2. 原子核反応を用いた中性子星の内部状態の探索(櫻木 弘之)
  3. 標準理論を超える物理(丸 信人)
  4. 高エネルギー物理学による宇宙の始まりの解明(山本 和弘)
  5. 冷却原子・分子気体を用いた超精密測定(井上 慎)
  6. 極低温動作増幅器(小原 顕)
  7. 有機半導体における素子動作モニタリング技術の開発(鐘本 勝一)
  8. 乱流制御につながる渦ダイナミクスの基礎的解明(矢野 英雄)
  9. 光合成に関わる膜タンパク質複合体の調製と構造・機能解析(神谷 信夫)
  10. 電子スピンテクノロジーと分子スピン技術(佐藤 和信)
  11. 貴金属ナノ粒子を用いたナノ微小空間での分子・粒子の捕捉・分析(坪井 泰之)
  12. 有機スピン系の光励起状態、分子磁性体の研究、光励起状態を利用した機能性分子素子の基礎研究(手木 芳男)
  13. 光合成集光性色素の生体及び人工系における新規機能と構造の解明(藤井 律子)
  14. 局所的温度勾配に伴う熱泳動を用いたナノ粒子・分子の分離分析法の開発(東海林 竜也)
  15. 遺伝子転写調節タンパク質を使ったセンサー素子の開発(中島 洋)
  16. 特異な生物活性を有する有機化合物の構造決定・合成・機能解析(臼杵 克之助)
  17. 高機能有機電子材料および巨大分子の合成(小嵜 正敏)
  18. 遷移金属触媒を用いる有機合成反応開発(佐藤 哲也)
  19. 神経機能の向上を指向した化合物の探索・合成・機能研究(品田 哲郎)
  20. 高活性天然有機化合物の合成と新規合成手法の開発(西川 慶祐)
  21. 生物活性高次構造天然物の合成研究(森本 善樹)
  22. GISおよびWeb-GISによる3次元地質モデルの構築(升本 眞二)
  23. 沖積平野における地盤構造とその評価(三田村 宗樹)
  24. 植物の生物多様性維持メカニズムの解明とその応用(伊東 明)
  25. 昆虫の季節適応・環境応答(志賀 尚子、後藤 慎介)
  26. 森林生態系の構造と機能(名波 哲)
  27. Development of sialylated tissue specific drug delivery cargo(Isil TULUM)
  28. 急速凍結フリーズ・レプリカ電子顕微鏡法を用いた生体材料の動態観察と3次元構造解析手法の開発・応用(アクトミオシン滑り運動機構の研究)(片山 栄作)
  29. 分裂酵母を用いた薬剤(生理活性物質)スクリーニング(中村 太郎)
  30. 病原性微生物が持つ新奇シアル酸受容体(濵口 祐)
  31. 抗重力反応を利用した有用植物の生産(保尊 隆享、若林 和幸、曽我 康一)
  32. マイコプラズマ感染症の診断と治療(宮田 真人)
  33. 特異な糖タンパク質糖鎖遊離酵素を用いた糖鎖付加・組換え技術(伊藤 和央)

工学研究料

  1. 磁気粘性流体を用いた各種制御用デバイスの開発(大島 信生)
  2. 強ひずみ加工によるステンレス鋼の高機能化(兼子 佳久)
  3. 物理モデルを用いた機器の損傷予測(川合 忠雄)
  4. 微生物腐食の事例解析(川上 洋司)
  5. 点検・調査用ロボットの開発(高田 洋吾)
  6. 電磁超音波センサによる非破壊材料評価(山崎 友裕)
  7. 軟骨修復用細胞担体の開発(横川 善之)
  8. 口臭除去用VSC吸着ミクロ孔セラミックスの開発(横川 善之)
  9. 水処理用酵素固定化システム(横川 善之)
  10. 外部磁場により薬剤を徐放する新規医用材料(横川 善之)
  11. LB法による機能性薄膜材料、無機・有機積層材料(横川 善之)
  12. 自己硬化型生体材料の開発 新規な生体活性セメントの開発(横川 善之)
  13. 陽極酸化によるナノホール構造形成と材料(横川 善之)
  14. 大気圧下・液中での低温プラズマ材料プロセス(白藤 立)
  15. 光機能性材料・デバイスの光学的評価(中山 正昭)
  16. テラヘルツ分光,テラヘルツ診断,テラヘルツセンシング(菜嶋 茂喜)
  17. 無線環境センシングのハイアラキ型推定方式の開発(岡 育生)
  18. 分散型電源の普及を促進するパルス化配電ネットワーク(杉山 久佳)
  19. 網膜投影型ヘッドマウントディスプレイ(髙橋 秀也)
  20. ロボットの移動技術と環境認識(田窪 朋仁)
  21. センサによる人体のデータ解析手法(中島 重義)
  22. 半導体光増幅器とこれを用いた高効率非線形動作(向井 孝彰)
  23. 天然生理活性物質を基とした新規抗腫瘍・抗炎症剤の開発(東 秀紀)
  24. 医薬などの有機化合物の晶析(大嶋 寛)
  25. 酸化還元タンパク質の構築原理とその利用(北村 昌也)
  26. 光応答性有機フォトクロミック材料(小畠 誠也、北川 大地)
  27. 光スタート型低温温度上昇センサー分子の開発(小畠 誠也、北川 大地)
  28. 触媒促進水熱酸化法による汚染水・排水等の高度処理技術(米谷 紀嗣)
  29. 反応性(分解性・架橋性・刺激応答性)樹脂の精密合成(佐藤 絵理子)
  30. 全反射蛍光X線分析法による微量元素分析(辻 幸一)
  31. 真空仕様の高空間分解能3次元蛍光X線分析(辻 幸一)
  32. 波長分散型の蛍光X線迅速元素イメージング(辻 幸一)
  33. 自己会合性ペプチドを利用した抗体高機能化技術(中西 猛)
  34. β-1,3-グルカンを用いる新規組織接着性止血剤(長﨑 健)
  35. 強誘電性高分子の結晶構造制御手法(西山 聖)
  36. 環境にやさしいポリマー(レジスト)分解技術(堀邊 英夫)
  37. 導電性複合材料の開発(堀邊 英夫)
  38. ポリビニリデンフルオライド(PVDF)の結晶構造制御(堀邊 英夫)
  39. レジスト材料開発(堀邊 英夫)
  40. 有機リン化合物を利用した新しい分子触媒の創製(南 達哉)
  41. 地下水制御による地盤防災と環境保全の研究(大島 昭彦)
  42. 建築環境・建築設備に関わる気流及び熱環境評価(小林 知広)
  43. コンクリート構造物の長寿命化と補修・補強技術(角掛 久雄)
  44. 鉄板シェル構造による住宅(宮本 佳明)
  45. 急斜面に軽く引掛った住宅(宮本 佳明)

医学研究料

  1. 脳磁図を用いた疲労の評価手法(田中 雅彰)
  2. pHセンサーツール:電位依存性プロトンチャネル(久野 みゆき)
  3. 低侵襲検体を用いた脂肪肝炎診断薬の開発(松原 勤)
  4. 病的血管内皮細胞の解析に向けた血管内皮細胞特異的レポーター・ マウスの樹立(藤田 寿一)
  5. 低分子量化合物を用いた遺伝子疾患の新たな治療戦略(広常 真治)
  6. インビトロ神経細胞遊走活性測定による関連疾患の判定と創薬スクリーニングへの応用(山田 雅巳)
  7. パーキンソン病関連タンパク質シヌクレインによる微小管制御機構に着目したパーキンソン病治療の新戦略(鳥羽 栞)
  8. 神経細胞などの細胞内物質輸送に関する研究(熊本 香名子)
  9. 野生哺乳類の遺伝子資源(原田 正史)
  10. ヒトおよび動物発がんにおける治療標的分子の同定、発がんリスク評価および癌幹細胞の性状解析(梯 アンナ)
  11. 職域を中心とした疫学研究(林 朝茂、佐藤 恭子、上原 新一郎)
  12. 内臓脂肪の疫学研究(林 朝茂、佐藤 恭子)
  13. インフルエンザ、難病、肝炎ウイルス・がん検診に関する疫学研究(福島 若葉)
  14. 肝疾患の予防に関する分析疫学研究(大藤 さとこ)
  15. 疫学とEBM ( Evidence Based Medicine )(廣田 良夫)
  16. 『食・動・脳連関』の研究-生活習慣病や食行動異常を有する患者やアスリートに対する健康食品・サプリメントと運動との連動型プログラムの開発(吉川 貴仁)
  17. 腸管寄生原虫クリプトスポリジウム実験系に関する技術(寺本 勲)
  18. 多彩な細胞運命決定の鍵となるSTAT3活性を制御する技術の開発(中嶋 弘一)
  19. 正常繊維芽細胞を用いた生理活性物質評価系の構築(小島 裕正)
  20. 認知症予防薬・治療薬の開発(富山 貴美)
  21. マウスES細胞を用いたモデルマウス作成と、DNA修復遺伝子を用いた癌治療増感と環境影響の解析(森田 隆)
  22. 認知機能低下の血清バイオマーカー探索用データベース(庄司 哲雄)
  23. プロスタグランジンD2合成酵素活性を用いた癌治療薬の開発(八代 正和)
  24. スキルス胃がんの増殖・転移シグナルを標的とした分子標的治療薬のアッセイ技術(八代 正和)
  25. 心筋梗塞・脳梗塞に対する予防戦略(葭山 稔)
  26. 全身性エリテマトーデスに対するマルチ・ターゲット療法(根来 伸夫)
  27. 非侵襲的画像診断法であるCT、MRIによる急性冠症候群の予知(江原 省一)
  28. 特発性心室細動などの難治性致死性不整脈における心電図学的差異の解明とそれに基づく突然死のリスク評価法の確立(高木 雅彦)
  29. 心房中隔、心室中隔ペーシング時の血行動態自動至適化法の開発と臨床応用(高木 雅彦)
  30. 超音波機能搭載心筋焼灼術用カテーテルの開発と臨床応用(高木 雅彦)
  31. 初代継代気道上皮細胞による気道炎症評価システム(浅井 一久)
  32. 脂肪性肝炎・肝硬変を生じるウサギモデル(河田 則文)
  33. 患者遺伝子多型を利用した治療介入の試み(田守 昭博)
  34. 慢性肝疾患における新規肝線維化マーカーの開発(榎本 大)
  35. in silico screeningによる創薬(村上 善基)
  36. エクソソーム中マイクロRNA(miRNA)を用いた慢性肝疾患診断方法(村上 善基)
  37. 超音波技術を用いた抗ウイルス治療後肝発がん予測法の開発(打田 佐和子)
  38. 肝胆膵分野における超早期癌捕捉技術の開発(萩原 淳司)
  39. 次世代シークエンサーを用いた肝発癌例における遺伝子解析(小塚 立蔵)
  40. 脂肪移植による胃食道逆流症の内視鏡治療の開発(藤原 靖弘)
  41. 消化管グリア細胞の形態・機能変容とストレス関連消化管機能障害(富永 和作、藤川 佳子)
  42. 炎症性腸疾患におけるバイオマーカーの開発(山上 博一)
  43. 消化管内腸内細菌叢(microbiota)の構成の解析と種々の疾患や健康状態への関与(谷川 徹也)
  44. 消化器疾患の診断と治療・超音波内視鏡画像診断の臨床的有用性の検討(杉森 聖司)
  45. 炎症性腸疾患における発癌(湯川 知洋)
  46. 潰瘍性大腸炎における未熟形質細胞の研究(細見 周平)
  47. 持続血糖モニター(CGM)による血糖低下作用の臨床評価(絵本 正憲)
  48. 超音波法による早期動脈硬化症の形態・機能診断(絵本 正憲)
  49. 超慢性疾患の夜間高血圧・睡眠障害に関する研究(山田 真介)
  50. 皮質骨に着目した骨粗鬆症診療に関する研究(山田 真介)
  51. 造血幹細胞研究(日野 雅之)
  52. 同種造血幹細胞移植における予後予測及び合併症対策(中根 孝彦)
  53. 血液腫瘍領域・造血幹細胞移植領域における臨床検査開発・評価(中前 美佳)
  54. メンタルヘルス対策での企業との連携(井上 幸紀)
  55. 児童青年精神医学における臨床研究(宮脇 大)
  56. ピシバニール(OK-432)を用いた肺を中心とした悪性腫瘍への 免疫ラジオ波療法(山本 晃)
  57. ラジオ波凝固療法の局所制御率改善のための基礎研究(大隈 智尚)
  58. ラジオ波凝固療法の悪性肺腫瘍への応用(松岡 利幸)
  59. ストレスのない放射線治療を目指して―快適に癌治療を完遂するための工夫―(細野 雅子)
  60. 核医学画像処理ソフトウエアの開発(塩見 進)
  61. ヨード制限食の献立作り(河邉 讓治)
  62. 認知症患者における脳血流の統計的画像解析による診断(東山 滋明)
  63. in vivo 標本を用いた神経障害性疼痛予防効果の行動学的・電気生理学的検討(舟井 優介)
  64. チーム医療におけるノンテクニカルスキル向上のための教材ツールの開発(溝端 康光)
  65. 大阪市における南海・東南海地震被害想定と医療体制の地理的分析(山本 啓雅)
  66. UWBを用いた集中治療領域における患者環境の改善と人件費削減(内田 健一郎)
  67. サマリー、診断書、紹介状などの自動文書作成ソフト開発(山本 朋納)
  68. 簡易画像検査機器(森岡 貴勢)
  69. 機能性消化管疾患の病態解析、バイオマーカーの探索(田中 史生)
  70. 周術期口腔機能管理(中原 寛和)
  71. 骨盤臓器脱に対する合成メッシュによる骨盤底再建術(古山 将康)
  72. 癌悪液質(安井 智代)
  73. 子宮筋腫の自然史に関する研究(市村 友季)
  74. 卵巣類内膜腺癌におけるPI3K/mTOR経路遺伝子の検討(橋口 裕紀)
  75. 婦人科悪性腫瘍におけるUCP(Uncoupling protein)の発現(福田 武史)
  76. 早産児の慢性肺疾患の病態に関わる薬剤の検討(齊藤 三佳)
  77. 「障がい」を有する小児の成育過程で、本人や保護者、学校関係者に対して小児科医がいかに関わり、いかに支援していくか(瀬戸 俊之)
  78. 認知症早期診断におけるPET検査の有用性(伊藤 義彰)
  79. 甲状腺未分化癌治療薬の開発(小野田 尚佳)
  80. 消化器癌所属リンパ節内のT細胞の分離と免疫細胞療法への応用(田中 浩明)
  81. 膵管内乳頭粘液性腫瘍におけるマイクロRNAの発現のプロファイリング(木村 健二郎)
  82. 乳癌の薬物療法耐性への低酸素の関与についての研究(野田 諭)
  83. 免疫応答からみた胃癌に対する腹腔鏡下手術の妥当性に関する検討(六車 一哉)
  84. 小切開低侵襲心臓手術のための手術機器開発(柴田 利彦)
  85. 冠動脈バイパス術におけるバイパスグラフト機能の術中評価(細野 光治)
  86. 慢性移植腎症における腎間質線維化予防に関する研究(仲谷 達也)
  87. ヒトiPS 細胞由来心筋細胞を用いたon-line HDF療法の優位性の検討(長沼 俊秀)
  88. 基底膜制御による皮膚、爪、毛髪疾患の制御:マトリックス治療(鶴田 大輔)
  89. 基底膜制御による血管肉腫の増殖転移制御:マトリックス治療(加茂 理英)
  90. 内因性カンナビノイド機構を用いたアレルギー疾患の治療(菅原 弘二)
  91. 光線力学療法を用いたMRSA感染症治療および癌治療(小澤 俊幸)
  92. 半月板温存手術の基礎的研究、開発、評価(橋本 祐介)
  93. 皮膚マーカーを併用したコンピューターナビゲーションシステムによる骨軟部腫瘍切除術(星 学)
  94. 見守り支援を行う追従ロボットの開発(池渕 充彦)
  95. iPS細胞と人工神経を用いた末梢神経の再生(上村 卓也)
  96. 中間毛の組織学的・形態学的解明による最適な眉毛再建法について(元村 尚嗣)
  97. 熱傷における新たな評価ディバイスの確立(羽多野 隆治)
  98. 良き医療人育成のためのスキルスシミュレーションセンター(SSC)の活用(首藤 太一)
  99. 喫煙者におけるcirculating micro RNAと遺伝子多型解析による早期血管障害バイオマーカーの開発と脳心血管障害発症に対する先制医療への応用(竹本 恭彦)
  100. シミュレーション教育から市民の健康と社会生活を支援する(森村 美奈)
  101. 葉書アンケートによるインフルエンザの実態調査(栩野 吉弘)
  102. 炎症性腸性疾患治療の最適化と有効性の検討(鎌田 紀子)
  103. 新規蛋白抗原を用いたムーコル症の早期診断法の開発(掛屋 弘)
  104. 多剤耐性アシネトバクター肺炎における病原因子の解明とその制御(山田 康一)
  105. 離床監視システム(朴 勤植)
  106. レポート作成支援システム(朴 勤植)

生活科学研究科

  1. 食用植物成分や栄養素による生活習慣病の予防効果および創傷治癒促進効果の作用メカニズムの解明とその応用戦略に関する研究(小島 明子)
  2. 抗加齢(アンチエイジング)効果を持つ栄養成分の探索(西川 禎一)
  3. 次世代遮熱性舗装体によるヒートアイラント対策(酒井 英樹)
  4. ミストとファンで人間の熱ストレスを軽減する方法の検討(ファーナム・クレイグ)
  5. 子ども家庭福祉、ソーシャルワーク教育(中島 尚美)

創造都市研究料

  1. イノベーションと事業経営(明石 芳彦)
  2. 分散システムと基盤ソフトウェアに関する研究、広域P2P型オーバーレイ利用技術(安倍 広多)
  3. メンタルヘルスマネジメント(李 捷生)
  4. メンタルヘルスマネジメント(弘田 洋二)
  5. 時空間情報を用いた都市基盤構築に関する研究(米澤 剛)

都市健康・スポーツ研究センター

  1. 種々刺激に対する体性―自律神経応答に関する研究(渡辺 一志)
  2. 視覚障がい者アーチェリー照準機器開発と実装(渡辺 一志)
  3. 都市防災における健康・体力に関する研究(渡辺 一志)

大学教育研究センター

  1. 高校大学間における科学教育の円滑な接続に関する研究、高校大学間の学びの接続に関する研究(大久保 敦)

都市研究プラザ

  1. 製品デザイン評価システムの多面的拡張(創造性・都市・地域経営)(岡野 浩)
  2. 包摂型アジア都市論にかかわる研究と包摂都市ネットワークの形成(全 泓奎)
  3. 鉄板シェル構造による住宅(宮本 佳明)
  4. 急斜面に軽く引掛った住宅(宮本 佳明)

学術情報総合センター

  1. 分散システムと基盤ソフトウェアに関する研究、広域P2P型オーバーレイ利用技術(安倍 広多)
  2. 時空間情報を用いた都市基盤構築に関する研究(米澤 剛)

複合先端研究機構

  1. 医薬などの有機化合物の晶析(大嶋 寛)
  2. 光合成に関わる膜タンパク質複合体の調製と構造・機能解析(神谷 信夫)
  3. 光エネルギー変換および物質変換機能をもつ人工光合成デバイスの開発(南後 守)
  4. 酸素大気下での人工光合成を可能とする「ガラス葉」を作る(野地 智康)
  5. 光合成集光性色素の生体及び人工系における新規機能と構造の解明(藤井 律子)
  6. 電動車両・電化船舶設計、エネルギー変換発電技術、プラズマ応用(南 繁行)

人工光合成研究センター

  1. 光合成に関わる膜タンパク質複合体の調製と構造・機能解析(神谷 信夫)
  2. 光エネルギー変換および物質変換機能をもつ人工光合成デバイスの開発(南後 守)
  3. 酸素大気下での人工光合成を可能とする「ガラス葉」を作る(野地 智康)
  4. 光合成集光性色素の生体及び人工系における新規機能と構造の解明(藤井 律子)

健康科学イノベーションセンター

  1. 脳磁図を用いた疲労の評価手法(田中 雅彰)