公立大学法人大阪市立大学
facebook twitter Instagram youtube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

工学研究科

技術は時代を創る

工学研究科ホームページ http://www.eng.osaka-cu.ac.jp/

理念

工学研究科は全国的にも早くから博士課程を持ち、徹底した少人数教育と高い研究水準のもと、数多くの学位取得者を社会に送り出してきました。

現在では、高度情報化社会の到来や地球環境問題への対応など、科学技術の一層の進歩が求められています。工学研究科では次の時代を担う高度専門職業人と研究者の育成強化をめざして、従来の8専攻を4専攻に再編・統合するとともに、大学院学生定員を大幅に増やしました。

  • 科学を基礎とした柔軟な工学的センスと確かな倫理観を備えた技術者・研究者の育成をめざします。
  • 新産業の創生など社会の発展に工学的貢献ができる技術者・研究者の育成をめざします。
  • 地球的視点から多面的に諸問題を解決し,21 世紀の都市の創造に貢献できる技術者・研究者の育成をめざします。

人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的

前期博士課程

  • 工学の各専門分野における技術者及び研究者として、より深い専門知識と応用力を有する人材を育成する。
  • 工学的課題を発見する能力及びその課題を解決する能力を備えた人材を育成する。
  • 高度なコミュニケーション能力を備え、国際的に活躍できる人材を育成する。

後期博士課程

  • 高度な研究開発能力を備え、研究・教育の中核を担い、社会に対して主体的に貢献できる人材を育成する。
  • 工学の各専門分野において独創的な研究開発を推進できる人材を育成する。
  • 工学の各専門分野における創造性と問題解決能力を有し、産官学の研究開発領域で十分な指導力を発揮できる人材を育成する。

 各専攻についてはこちらをご覧ください。

アドミッション・ポリシー

工学研究科に進学した人には、研究者、技術者としての主体性を高め、多様な局面に迅速に対応し、問題の本質を見抜き解決できる能力を身につけてほしいと考えています。そのために、工学研究科では、学生の勉学と研究を積極的に支援するとともに、従来の専攻の枠組みにとらわれない学際的な研究体制を発展させ、多彩な教育・研究指導により、世界的に優れた成果を得る機会と環境を提供します。また、大学院生による海外での研究発表を積極的に推奨するとともに、社会人の学位(博士(工学))取得も応援します。工学の分野で社会に貢献する使命感を持つ学生を受け入れたいと考えています。

大学院前期博士課程

  • 工学の分野において専門性を志向しつつ、さらに高度な工学領域の知識と技術を広く習得する素養を持った人
  • 工学以外の分野で基礎を学び、それを工学の分野で活かす素養を持った人
  • 修士論文の作成に求められる研究力の習得に必要な論理的思考力、デザイン力、コミュニケーション力を持った人

大学院後期博士課程

  • 工学的基礎研究とその応用研究を遂行する自立した研究者となる素養を持った人
  • 国内外の研究者・技術者と共同して高度な技術開発を遂行できる技術者となる素養を持った人
  • 専門分野のみならず、他分野を横断した研究・開発を自ら企画し、実行できる力をもつ高度な技術者あるいは研究者となる素養を持った人
  • すでに社会で活躍しており、修士の学位を有するか、それと同等の学力と研究業績があると認められる研究者および技術者で、研究・開発におけるさらなる飛躍を求めグローバルに活躍する素養を持った人、または自らが得た研究成果を体系化する素養を持った人

さらに各専攻では、次のようなことに取り組む意欲のある人を求めています。

  • 機械物理系専攻
    次世代の機械の創成や先進材料の開発に取り組む意欲のある人
  • 化学生物系専攻
    物質・分子・生物の工学に関する基礎学力を有し、新しい物質・材料・方法の開発に意欲的に取り組む意欲のある人次世代の機械の創成や先進材料の開発に意欲的に取り組む意欲のある人
  • 電子情報系専攻
    数学や物理など数理系の基礎学力を備え、応用物理、電気・電子工学、情報工学への深い知識の習得に取り組む意欲のある人
  • 都市系専攻
    建築学、都市学に関する広範な専門知識と柔軟な思考力、あるいは、特定の専門領域に関する深い知識と研究能力をもち、持続可能な成熟都市の整備に向けた諸課題に取り組む意欲のある人

3ポリシー(ディプロマ/カリキュラム/アドミッション ポリシー)

・ディプロマポリシー(学位授与の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッションポリシー(入学者受入の方針)については、以下よりご覧いただけます。

専攻構成

卒業生の進路

平成23年度実績(詳細は、工学研究科・工学部ホームページをご覧ください)

工学研究科
前期博士課程
エヌ・ティ・ティ・ドコモ、カネカ、キヤノン、シャープ、昭和シェル石油、昭和電工、新明和工業、住友ゴム工業、住友電気工業、ダイキン工業、東レ、トヨタ自動車、西日本電信電話、パナソニック、三菱化学、三菱重工業、村田製作所 他 大阪市立大学大学院、大阪大学大学院
工学研究科
後期博士課程
(株)ジェイテクト、オムロン(株)、パナソニック(株)、公立大学法人大阪市立大学、国立米子工業高等専門学校 他 -

取得可能資格

大学院工学研究科/
各専攻共通
高等学校教諭専修免許状〈工業〉

この他に、実務経験により、受験資格が得られる免許・資格があります。
研究科において取得できる教員免許については、今後変更される場合があります。