公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

医学部附属病院

医学部附属病院 ホームページ http://www.med.osaka-cu.ac.jp/hosp/

1925 (大正14)年10月、大阪市立市民病院として建設され、その後幾多の変遷を経て、1955 (昭和30)年に医学部附属病院となりました。大阪市制100周年記念事業の一環として建替整備を行い、1993(平成5)年に現在の病院がオープンしました。

医学部建学の精神である「智・仁・勇」に基づき、「市民の健康に寄与する質の高い医療の提供」「こころ豊かで信頼される医療人を育成」「医療の進歩のためのたゆまぬ努力」を病院理念としています。

現在の外来診療科数は32診療科、1日平均外来患者数は2,000名を超え、、全国でも有数の総合病院であり、最先端の医学・医療を提供する大学病院として、高い評価を得ています。特定機能病院として他の医療機関との連携を強化しながら、高度で先進的な医療の提供や、高度な医療技術の開発等に取組んでいます。

また、2008(平成20)年に大阪府による肝疾患診療連携拠点病院、2009(平成21)年には厚生労働省による地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。

さらに、2012(平成24)年には、(財)日本医療機能評価機構による病院機能評価(Ver.6.0)の更新認定を受け、良質な医療サービスを提供する医療機関として評価されました。

建物規模 地上18階 地下3階
許可病床数 980床
診療科目 32診療科
総合診療センター、循環器内科、呼吸器内科、膠原病内科、
生活習慣病・糖尿病センター、腎臓内科、内分泌・骨・リウマチ内科、消化器内科、
肝胆膵内科、小児科・新生児科、神経精神科、皮膚科、放射線科、核医学科 
放射線治療科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、心臓血管外科、
肝胆膵外科、呼吸器外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、泌尿器科、
女性診療科(産科・生殖内分泌・骨盤底医学)、女性診療科(婦人科腫瘍)、眼科、耳鼻いんこう科、麻酔・ペインクリニック科、
形成外科、血液内科・造血細胞移植科、老年科、神経内科
初診受付 9:00~10:30
休診日 土・日・祝日・年末年始(12/29~1/3)
交通 JR・地下鉄「天王寺駅」、近鉄「あべの橋駅」より西へ徒歩約10分

刀根山結核研究所

全国初の公立結核療養所として1917(大正6)年に設立された大阪市立刀根山療養所を起源とし、様々な変遷を経て、1978(昭和53)年に医学部附属施設となりました。

結核の基礎医学的研究(結核菌の生化学的研究並びに脂質生化学)および生化学の分野で顕著な研究業績をあげています。現在、難治性抗酸菌の診断と治療や、感染防御機構の解明に向けた研究を鋭意進めています。