公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

都市研究プラザ

街に溶け込む新たな研究の広場・都市再生の国際交流拠点

都市研究プラザ ホームページ http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/

大阪市立大学がこれまで蓄積してきた「都市研究」の実績をもとに、2006(平成18)年4月に開設されました。

「プラザ」とは、開かれた研究やまちづくりネットワークの拠点、つまり「都市」というテーマで、みんなが出会い集まる「広場」を意味します。
通常の大学組織のように、固定した施設とスタッフが大学内で研究し、成果を社会に還元するというタイプの組織ではなく、大阪のまちのみならず海外の都市にも、移動可能な小さなサテライト施設(「現場プラザ」「海外プラザ」)を設け、スタッフも常に現場や海外に出て、研究やまちづくりの活動を組織するという全く新しいタイプの組織です。

また、前身の都市問題資料センターと経済研究所の資料について、都市関連資料を「都市文庫」、戦後経済を研究する上で国内屈指の資料を有していた経済研究所所蔵資料を「経済研究所文庫」として構築し、学内外の研究者に対して提供しています。

大学の知的創造機能と都市の経済、行政、文化、市民生活の接触・交流をより深め、「まちづくり」に飛躍的に貢献できるように、学問的、社会的価値だけではなく、事業の実行可能性に注目を置いたプロジェクトに取り組んでおり、平成19年度にはグルーバルCOEプログラムの拠点(プログラム名:「文化創造と社会的包摂に向けた都市の再構築」)として採択されるなど、全国的にも注目を集めいています。