公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
入試情報

新型コロナウイルス感染症拡大防止を踏まえた一般選抜受験者への留意事項について

新型コロナウイルス感染症拡大防止を踏まえた一般選抜受験者への留意事項

大阪市立大学入試課

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止し、受験者の皆さんが安心して受験できる環境を確保するため、以下に留意事項を記載しますので受験の際は必ずご確認のうえ、必要な準備等をしておいてください。

受験前の準備・心掛け

①   「新しい生活様式」等の実践
日頃から、手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、身体的距離の確保、「三つの密」の回避などを行うとともに、バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠など、体調管理を心がけるようにしてください。

②   ワクチンの接種
他の疾患の罹患等のリスクを減らすため、各自の判断において予防接種を受けておくことが望ましいです。

③   医療機関での受診
試験日の2週間程度前から発熱・咳等の症状がある受験者はあらかじめ医療機関で受診を行ってください。

④   マスクが着用できない者、基礎疾患を持つ者
感覚過敏等によりマスクの着用が困難な者や基礎疾患を持つ者は、「医師の診断書等」を提出して受験上の配慮申請(別室での受験等)を試験日の1週間前までに行ってください。

⑤   自主検温
試験日の7日程度前から、朝などに体温測定を行い体調の変化の有無を確認するようお願いします。
また、試験当日の朝、自宅等における検温も行ってください。

受験の可否に関わる要件

⑥   無症状の濃厚接触者
保健所より濃厚接触者に該当すると伝えられた者や過去2週間以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域から日本に入国した者(単に周囲に感染者がいたというだけの者は該当しません)のうち、以下の条件を満たす無症状の濃厚接触者で前期日程・後期日程の個別学力検査等の受験を希望する者は、試験日の3日前までに本学入試課に申し出てください。
・初期スクリーニングの結果、陰性。
・公共の交通機関(電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船等)を利用せず、かつ、人が密集する場所を避けて本学の試験場に来場することができる。
・終日、別室で受験することができる。
*上記に該当し、受験当日も無症状であれば本学の受験が可能となります。

⑦   受験できない者
新型コロナウイルス感染症に罹患し、試験日に入院中又は自宅や宿泊施設において療養中の者や、試験日直前に保健所等から濃厚接触者(発熱・咳等の症状がない無症状の者で初期スクリーニングの結果が陰性であり、試験当日も無症状のもので前期日程・後期日程の個別学力検査等の受験を希望するものを除く)に該当するとされた者。また、発熱・咳等の症状があり、試験当日の朝、自宅等における検温で37.5度以上の熱がある者は受験することができません。「特別日程試験」の受験をご検討ください。(「特別日程試験」の詳細は学生募集要項の12~13ページをご覧ください)

⑧   受験の取り止め
新型コロナウイルス感染症に罹患した者や濃厚接触者(発熱・咳等の症状がない無症状の者で初期スクリーニングの結果が陰性であり、試験当日も無症状のもので前期日程・後期日程の個別学力検査等の受験を希望するものを除く)、または発熱・咳等の症状があり、試験当日の朝、自宅等における検温で37.5度以上の発熱がある者は、特別日程試験の受験をご検討ください。特別日程試験の受験のためには、各試験日の正午までに入試課に申し出ることと、各試験日の翌日正午までにPCR検査結果又は診断書、濃厚接触者であることを証明できるものを有していればその写しを入試課に提出する必要があります。また、特別日程試験は、一般選抜での大学入学共通テストの利用教科・科目と条件が異なる場合があり、受験できないこともありますのでその点ご注意ください。

試験日当日及び試験日後の留意事項

⑨   試験当日
試験室にて、試験開始前に発熱・咳等の症状の有無を試験監督者等より確認します。発熱・咳等の症状のある受験者は、挙手をしてその旨を試験監督者等に申し出てください。休養室での休養を案内します(休養室での受験は認められません)。なお、状況に応じて別室での受験を行う場合もあります。また、当該受験者が本学における検温で37.5度以上の熱があり、当該試験時間が当該受験者にとってその日の最初の受験教科・科目である場合は、特別日程試験による受験を提示します。
また、症状の有無にかかわらず、各自マスク(何らかの事情によりマスクの着用が困難な場合は試験日の1週間前までに申し出る)を持参し、試験場では、自席での昼食時以外は常に着用するようにしてください。加えて、休憩時間や昼食時等における他者との接触、会話も控えるようにしてください。

⑩   試験場入場
入場時における受験者全員の検温は実施しません。発熱・咳等の体調不良の症状のある場合は、その旨を誘導している本学教職員に申し出てください。申し出をした受験者の検温を行い、検温で37.5度以上の熱があった場合には、特別日程試験による受験を提示します。
また、試験場へ入場する際は、他者と1m程度の間隔を空けて整列し、会話は控えてください。

⑪   手指消毒
試験室へ入退室を行うたびに、出入口に設置してある消毒液による手指消毒を行ってください。

⑫   試験当日の服装、昼食
試験当日、試験室の換気のため出入口と窓の開放等を行う時間帯があるため、上着等で温度調整が可能となる服装で受験してください。また、試験会場で食堂の営業等は行わないため、昼食は持参し、自席で食事をとり発生したゴミは持ち帰るようにしてください。

⑬   保護者控室
試験場への入場者数や集団の形成を極力抑制する観点から、保護者等の控室は設置しておりません。
ただし、事前に受験上の配慮申請を行い、付添等の許可を得ている者は除きます。

⑭   試験終了時
試験終了後は、退出の順番が来るまでそのまま自席で待機してください。また、退出の際は試験場内にマスクを廃棄せず持ち帰ってください。各自寄り道などはせず帰宅し、帰宅後は手洗い、洗顔を行ってください。

⑮   受験後に新型コロナウイルス感染症に罹患したことが判明した場合
本学受験後、2日以内に新型コロナウイルス感染症の症状が発症し、検査の結果、新型コロナウイルス感染症に罹患したことが判明した場合は、感染拡大防止の観点から、至急本学入試課に連絡してください。
また、3日以降2週間以内に発症し罹患したことが判明した場合についても、受験者等へ周知する必要がある為、速やかに本学入試課に連絡してください。

以上

新型コロナウイルス感染症の状況によっては、学生募集要項に記載されている選抜方法を変更して、選抜を実施する場合や試験日程等を変更する場合があります。
入学者選抜方法等が変更となる場合は、本学Webサイトでお知らせしますので適宜ご確認ください。

https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/admissions

このカテゴリー内のナビゲーション