公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
地域貢献

いざという時に役立つ「いつも携帯!防災ブック」

 

 災害はいつ起こるかわかりません。自宅の備えだけでなく、外出時の被災を想定した備えも大切です。もし、今この瞬間に被災したら、、、あなたはどこへ避難すべきか、家族とどう連絡をとるかをとっさに判断することができますか?

 災害直後は、焦ったり不安になってなかなか最適な行動が取れないものです。そんな時、お財布の中などに「いつも携帯!防災ブック」があれば、あなたが取るべき行動を示してくれるでしょう。

 このブックは手のひらサイズのコンパクトなものになっています。地震直後の行動や、避難場所、災害用伝言ダイヤルなどが記されており、いざという時に必要な情報を書き込めるようになっています。連絡先や血液型を記載しておくことで、仮にみなさんの意識がなくなった場合でも、周囲の人が身元の確認を迅速に行うことができます。ぜひご活用ください。

 なお、防災情報が更新された場合などはデータをアップデートしていきますので、定期的に防災ブックのバージョンを確認しましょう。また、ご自身の情報を更新する必要がある場合も、新しい防災ブックをダウンロードして、最新の情報を携帯するようにしましょう。

 

 防災ブック(PDF)のダウンロードはこちらから (ver.20220201)

 防災ブックの内容 
  1. 私の連絡先・メモ
  2. 地震直後の行動
  3. 情報を集める
  4. 安否を知らせる・確認する
  5. 防災気象情報と私の避難計画
  6. 非常用持出品チェックリスト
  7. 大切なひとの連絡先
  8. 避難場所・避難所

 

■本防災ブックは、令和3年度スタートアップ支援事業「地域防災活動への女性の参画を促すための調査研究」にて、大阪市市民局との共同事業として作成しました。

お知らせ