公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
教育・学生生活

各種(民間団体・公的団体)奨学金

  •  本学では、民間の方々の善意により運営されている民間団体の奨学金や、地方公共団体などの公的団体が実施する奨学金を総称して「各種奨学金」と呼んでいます。
  • 各種奨学団体(以下、「団体」という。)により奨学生の資格条件、支給額、給付・貸与の別、募集時期等が異なります。 

資格条件

次の資格条件全てを満たす者(留学生を除く)に限り、申込(応募)することができます。

  1. 人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学が困難な者。
  2. 現在各種奨学金を受給していない者。
  3. 学修を支援する目的で支給されることから、団体の期待に感謝を持ってこたえることができる者。
  4. 団体へのお礼状や季節のお便りの送付や、団体が実施する交流会や親睦会等への積極的な参加など、奨学生として自覚と責任を持って行動できる者。
  5. 生活状況報告書や受領書への押印など、大学や団体が求める書類提出や手続きを遅延することなく対応できる者。

登録から結果通知までの流れ

1.登録(期間・提出書類)

各種奨学金を希望する者は、最初に登録を行ってください(家計急変者は随時お問い合わせください)。

登録期間対象者
2020年1月14日(月)~2月13日(木) 学生・大学院内部進学を予定している者
2020年3月23日(月)~ 上記期間に登録ができなかった在学生
(新入生の登録受付は4月1日(水)以降開始)

 

次の書類①~③を学生課あて提出、①の書類に限りデータを提出してください。件名は「各種奨学金登録願」と記入のうえ、送信者が本人であることを確認するためにOCUメールにより下記問い合わせ先へ提出してください。

  • 未登録の者がOCU UNIPAで募集をする奨学金に申込(応募)されても、学内選考は行いません。
  • 登録は年度ごとに実施します。
提出書類備考
① 各種奨学金登録願(大学所定様式) 出力は両面・片面、モノクロ・カラー、いずれも可
※データによる提出必須

②-1 保護者の「課税(非課税)証明書(所得証明書)」又は、「住民税決定通知書」 応募時最新のもの
コピー可
②-2 前年分源泉徴収票または確定申告書 コピー可
③前年度の成績に関する証明書 コピー可
学年等提出書類備考
学部1年次 高校の成績証明書または調査書 卒業までの成績のわかるもの。卒業見込と記載されたものでも可能ですが、奨学団体への推薦が決まった際は、再度取得をお願いする場合があります。
編入生・他大学出身者 編入前または他大学の成績証明書
大阪市立大学卒業生または在校生 成績一覧表または成績証明書 ・OCU UNIPAより出力した「成績一覧表」
(成績照会画面からPDF形式で出力)
・成績証明書は、証明書自動発行機から取得したもの(有料)。卒業生は卒業式当日に無料で1枚交付されます。

2.募集

本学あて団体から推薦依頼が届き次第、順次OCU UNIPAにより周知、掲載時点で応募が可能です。
検索方法:OCU UNIPA・掲示一覧画面の[キーワード]欄に「各種奨学金」を入力。

3.申込(応募)

希望する団体にOCU UNIPAを通じて申込(応募)が可能ですが、応募条件等は団体の募集要項(応募条件等)をよく確認してください。

4.学内選考

OCU UNIPAで申込(応募)をした学生の中から、学内選考を実施したうえで推薦者を決定します。

  • 団体が求める人物像、学力・経済審査、人物評価(面接を実施する場合あり)等の項目により学内選考を実施します。
  • 希望する団体に必ず推薦されるとは限りません。
  • 学内選考を通過しても、団体の審査で採用されない場合もあります。

5.推薦者の決定

OCUメールにより推薦者あて決定した旨の連絡をします。

  • 返答がない場合は申請の意思がないとみなすことがあります。
  • 推薦者に対し、団体が指定する申請書の交付、提出書類等の説明をします。
  • 必要書類は指定する日までに提出することを条件とします。

6.奨学団体の選考

選考方法は団体により異なり、書類審査以外に面接審査を行うこともあります。あらかじめ募集要項で確認をしてください。

7.結果通知

OCUメールにより推薦者あて連絡、手続きについて説明をします。なお、結果通知は団体から大学あて届く場合と、推薦者へ直接届く場合があります。

注意事項

  • 推薦者の決定から団体が求める書類の提出まで期日が短い場合もあります。申込(応募)にあたっては募集要項をよく確認し、推薦者に決定してからのことを踏まえ、あらかじめ提出書類(自己PR文や作文等、準備に時間のかかる書類)の準備をしておいてください。
  • 団体により、提出書類や奨学金の交付方法が異なりますので、募集要項を確認のうえで申し込みをしてください。
  • 提出書類に健康診断書を求める団体があります。毎年4月に学内で実施される健康診断を必ず受診するようにしてください。
  • 留学生を対象とした奨学金は、国際センターで別途募集を行っています。

よくある質問

Q:説明会はありますか。
A:説明会は実施していません。「よくある質問」で解決しない場合は、Eメールで質問を受付します。件名に「各種奨学金問い合わせ」と記入してください。

Q:大学を通じて応募する各種奨学団体は、どのような団体がありますか。
A:「大学を通じて推薦した各種奨学団体一覧表(参考)」を参考にしてください。但し、毎年同じ団体から募集があるとは限りません。

Q:直接申込(応募)する場合と、大学を通じて申込(応募)する場合がありますが、何か違いはあるのでしょうか。
A:団体が指定する申込(応募)方法の違いだけですので、指示に従い申込(応募)をしてください。

Q:現在各種奨学金を受給していますが、毎年登録をしないといけませんか。
A:いいえ、新規に申込(応募)をする場合に限り、登録をお願いしています。

Q:在学中に一度でも登録をすれば、卒業(修了)まで有効ですか。
A:家計の状況は毎年変わりますので、年度ごとの登録をお願いしています。

Q:複数団体への申込(応募)はできますか。
A:団体が定める資格や条件を満たしていれば、数に限りなく申込(応募)はできますが、本学から推薦する団体は原則1団体です。

Q:大学へ申込(応募)をしましたが、推薦するという連絡がないのはなぜですか。
A:登録を行なっていないか、学内選考で推薦できないと判断されたか、いずれかに該当する可能性があります。心当たりがない場合は、学生課までお問い合わせください。

Q:直接応募の団体から採用通知が届きましたが、大学への報告は必要ですか。
A:はい、必ず学生課まで報告してください。

Q:日本学生支援機構や大学独自の奨学金は各種奨学金として取扱いをされていますか。
A:いいえ、各種奨学金の取扱いではありません。募集要項等、詳しくは各ページで確認をしてください。