公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学

留学レポート(ドイツ ハンブルク大学)

留学体験レポート 文学部四回生 吉住莉紗

私は20174月から20183月までの1年間、ドイツのハンブルクに留学しました。この1年間はとても楽しく、十分に得られた貴重な1年でした。留学をしてみて本当に良かったと思います。

 食事のこと

普段は寮で自炊をしていました。幸いにも、私のフラットには共用の調理器具が沢山あったので色々な料理を作れました。ドイツは野菜や乳製品が安くとても有難いのですが、1袋がとても多く、なかなか一人暮らしに厳しいものがありました。なので友達と分けたり、一緒にご飯を食べたりしていました。

外食では、ドイツ料理も美味しいですが少し高いのでトルコ料理やギリシャ料理などを食べていました。とても美味しいですし、なかなか日本では食べることが無いので新鮮でした。ドイツはベトナム人も多いらしく、ベトナム料理屋さんもたくさんありました。こちらもとても美味しかったです。

 寮のこと

私の寮は前期は私と韓国人の女の子と日本人の女の子の3人、後期は中国人の女の子と日本人の男の子の3人でした。私の寮は他の寮と比べて比較的綺麗な方でした。共同スペースの掃除も週に1回来てくれるのでとてもありがたかったです。学期の変わり目にリフォームのようなものがあり、朝起きると見知らぬおじさんが廊下のペンキを塗り替えていたり、共同スペース中にリフォーム中の部屋の家具が散乱していたりします。突然なので初めは驚きますが、すぐに慣れます。

 旅行のこと

長期休暇にはヨーロッパ内をたくさん旅行しました。私は美術館や博物館に行くのが好きなので、ハンブルク大学の学生のうちに色々な国の美術館を回れて良かったです。(ユーロ圏の学生として学生割引が使えるので) 特にギリシャでは私が訪れた遺跡ではほぼ全て無料で入ることが出来ました。

またドイツ国内の旅行もたくさんしました。特にクリスマスにはニュルンベルクとドレスデン、近場だとブレーメン、リューベック、リューネブルクに行きました。クリスマスマーケット巡りです。それぞれのマーケットのデザインのマグカップでグリューワインが飲めます。マグカップのデザインはどの土地も可愛いですが、私はブレーメンのマグカップがお気に入りです。ドイツのクリスマスはとても楽しく、街は可愛いもので溢れ、みんな陽気になっています。是非クリスマスの時期のドイツに行ってみて欲しいです。

 最後に、留学に少しでも興味がある人はとても楽しいですし新たな発見がおおいので是非留学してみるといいと思います。とても貴重な体験ができます。特に学生のうちは交換留学制度があるのでワーキングホリデーや私費留学よりも断然問題なく留学できると思いますし、人間関係を築く上での取っ掛りが出来やすいです。少しでも悩んでるなら、自分の興味に従って、自分のしたい事をしてみてください。