公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
イベント情報

創立130周年記念事業「第2回市大中之島講座“生活保護をとりまく現状と都市の再生”」

2010年08月12日掲載

大阪市立大学と大阪市は、平成22年9月10日(金)に大阪市役所にて、第2回「市大中之島講座」を開講します。今回のテーマは、大阪市立大学都市研究プラザの水内俊雄教授による“生活保護をとりまく現状と都市の再生”です。

大阪市立大学と大阪市は、緊密な協力関係を築くために平成19年に「新時代パートナーシップ協議会」を設置し連携を強化してきましたが、本講座も、この連携の中から生まれました。市会特別委員会室を講演会場に、「都市大阪の抱える課題とその解決に向けて」をコンセプトに実施します。今回の講座では、国内外の都市が抱える生活保護制度の現状や問題点を分析し、都市再生のプログラムとして生活保護の活用を提案します。新たな公共の創生につながるソーシャルビジネスの成長の可能性、支援のための人材育成の現状や課題など、専門的な知見をもとに将来を見通せる生活保護のあり方について、講演する予定です。
この講座は大阪市立大学が、創立130周年を記念して「都市と市民に貢献する新たな大阪市立大学」という理念のもとに実施するものです。

日 時 平成22年9月10日(金)14時30分~16時30分(受付は14時~)
場 所

大阪市役所7階 市会特別委員会室

テーマ

『生活保護をとりまく現状と都市の再生』

講 師

水内俊雄の写真大阪市立大学都市研究プラザ 兼 大学院文学研究科・文学部 教授
水内 俊雄(みずうち としお)

 

(略歴)
京都大学理学部、文学部卒、京都大学大学院文学研究科後期博士課程中途退学。博士(文学:大阪市立大学)。都市社会地理学を専門とし、日本を含めた東アジアの現代都市問題、特に居住問題やホームレス問題、日本の地域史等を研究テーマとしている。福岡県史、氷見市史、和泉市史、貝塚市史などの編さんや、NPOホームレス支援全国ネットワークの理事などをつとめている。

1995(平成7)年4月 大阪市立大学文学部助教授
2003(平成15)年4月 大阪市立大学大学院文学研究科教授
2004(平成16)年4月 大阪市立大学学長補佐(2006年3月まで)
2006(平成18)年4月 大阪市立大学都市研究プラザ教授(文学研究科教授兼任)

(主な著書)
『モダン都市の系譜』(ナカニシヤ出版・2008年)
『創造都市と社会包摂』(水曜社・2009年)等

 

 

募集要領

市民(大阪市民以外の方も可)50名を次の要領で募集します。
往復ハガキ、メールでお申し込みください。電話でのお申し込みは受け付けておりません。

 

締切日 平成22年9月2日(木)まで延長します(消印有効) 平成22年8月31日(火)必着
記入事項 (1) 住所(郵便番号)
(2) 氏名(フリガナ)
(3) 電話番号
(4) 年齢
申込先 【往復ハガキ】
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学 学務企画課「第2回市大中之島講座」係
※返信用にも申込者の宛先を記入の上、1枚のはがきに1名のみお申込みください。
【メール】
メールアドレス
※メール件名に「第2回市大中之島講座申込」と記入の上、メール1件につき1名のみお申し込みください。なお、携帯電話からのメール申し込みはできません。
募集要領申込以降の手続きの流れ

定員を超えた場合は抽選とします。申込締切日以降に、受講証を送付します。当日は受講証を必ずご持参下さい。(メール申込の場合は添付ファイルにて受講証をメール送信いたします)

※申し込み時に、ご記入いただいた個人情報につきましては、受講者名簿の作成、各種講座・セミナーのお知らせの目的にのみ使用いたします。

問合せ先
大阪市立大学法人運営本部広報担当 
電話:06-6605-3410

 


項目 詳細
開催日

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ