公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
イベント情報

理学部附属植物園 ~市民講座 植物と私たちの生活~ 「第3回 メタセコイアから見た大阪の森の歴史と文化」

理学部附属植物園 ~市民講座 植物と私たちの生活~ 「第3回 メタセコイアから見た大阪の森の歴史と文化」


プレスリリースはこちら

 理学部附属植物園は、平成27年2月21日(土)に植物園市民講座「第3回メタセコイアから見た大阪の森の歴史と文化」を開催します。
 150221_ivent.jpg当園には、日本列島からは絶滅してしまい化石でしか見つからないような貴重な植物がたくさん植えられています。その代表格であるメタセコイアは、生きている化石植物として植物学的に非常に重要とされており、各地の並木やシンボルツリーとなって地域の文化も創造しています。
 今回の市民講座では、メタセコイアをはじめとした太古の森に生息していた植物を観察するとともに、パリ植物園やキュー王立植物園など、海外の植物園との共同調査の成果や世界のメタセコイア事情についても紹介し、植物と文化の関わりを考えます。 

項目詳細
開催期間 平成27年2月21日(土)12:30~15:30(雨天実施)
開催場所 大阪市立大学理学部附属植物園 研究棟講義室および園内
 〒576-0004 大阪府交野市私市2000
 京阪電車交野線「私市(きさいち)」駅下車、徒歩約6分
 ※ご来園には公共交通機関をご利用ください。

 [アクセスはこちら]
プログラム

①講演「大阪でメタセコイアが生きていた時代の植物」
【講 師】塚腰 実(大阪市立自然史博物館・主任学芸員)
     岡野 浩(大阪市立大学都市研究プラザ・教授)

②講演「文化を創造するメタセコイア:自然からの贈り物」
【講 師】岡野 浩(大阪市立大学都市研究プラザ・教授)

③園内観察「メタセコイアや文化に深く関わる植物の観察」
【ガイド】厚井 聡(大阪市立大学理学部附属植物園・講師)
     岡野 浩・塚腰 実

定員 35名(先着順)
入園料 350円(中学生以下は無料)
申込方法 メール、電話、ハガキ、FAX、直接来園しての申込み
※先着順となりますので申込依頼が到着後すぐに結果を通知いたします。

●ハガキ、FAXの場合
1.氏名 2.住所 3.電話番号 4.職業 5.年齢 
[1~3は記入必須]を明記して下記の宛先までお送りください。
【郵送先】〒576-0004 大阪府交野市私市2000番地
      大阪市立大学理学部附属植物園「市民講座参加希望」係
【FAX送信先】072-891-2101

●メールの場合 
1.氏名 2.住所 3.電話番号 4.職業 5.年齢 
[1~3は記入必須]を明記してメール本文に記載し、メールの件名を「市民講座参加希望」として下記アドレスへお送りください。
【E-Mail】b-garden@sci.osaka-cu.ac.jp
ホームページURL:http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/biol/botan/

●来園して直接申し込まれる場合
「市民講座参加希望」と窓口でお伝えください。
問合せ先 大阪市立大学理学部附属植物園(担当:佐々木)
 TEL:072-891-2059/FAX:072-891-2101
 Email:b-garden@sci.osaka-cu.ac.jp
(問合せ可能時間:9時~17時30分)

項目 詳細
開催日 2015年02月21日(土)

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ