公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
イベント情報

住田昌二大阪市立大学名誉教授 日本建築学会著作賞受賞記念シンポジウムを開催します

住田昌二大阪市立大学名誉教授 日本建築学会著作賞受賞記念シンポジウムを開催します

プレスリリースはこちら

 住田昌二先生建築学会著作賞受賞記念シンポジウム実行委員会[主管:大阪市立大学生活科学研究科 藤田 忍(ふじた しのぶ)教授]は、住田昌二(すみた しょうじ)名誉教授が著書「現代日本ハウジング史 1914~2006」により、2017年度日本建築学会著作賞を受賞されたことを記念し、シンポジウムを開催します。
 「現代日本ハウジング史 1914~2006」は、『ハウジング・システム』を『住宅政策』『住宅計画』『まちづくり』の3つのサブシステムから構成されると定義し、今までに例のない100年間という長いスパンで論じた居住システム史である、と日本建築学会から高く評価されました。また、東京を中心に語られることの多い住宅政策史にあって、関西圏のデータが多いことも評価されました。
 住田名誉教授は約60年間にわたって『ハウジング・システム』の現場とともに歩んでこられましたが、教職を離れられてからもなお研究を続けてられるからこそ、この著書が生み出されたと言えます。
 今回の受賞を記念いたしまして、シンポジウムを企画いたしましたので、ハウジングに関わりのある皆さま、市民の皆さま、学生の皆さまのご参加をお待ちしております。


項目 詳細
開催日 2017年09月30日(土)
14:00 - 16:30 (開場:13:30)
開催場所 大阪市立大学 文化交流センターホール
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600
 大阪駅前第2ビル6階 大阪市立大学梅田サテライト内
アクセスはこちら
内容・プログラム 【記念シンポジウム】
プログラム: 
(1)講演:住田 昌二 大阪市立大学名誉教授
   現代日本ハウジング史 1914〜2006」をめぐって
(2)コメントと討論
   コーディネーター:延藤 安弘「まちの縁側育くみ隊」代表理事
  ① 住宅政策・住宅計画:高田 光雄 京都美術工芸大学教授
                       ・京都大学名誉教授
  ② まちづくりと住民運動:高田 昇(すすむ)立命館大学客員教授 
  ③ 住宅の地方性:吉田 友彦 立命館大学教授
  ④ 住生活・住様式論:小伊藤 亜希子 大阪市立大学大学院教授
  ⑤ ハウジング史の可能性:広原 盛明 京都府立大学名誉教授

【祝賀&懇親会】
 1.日時:同日17:00~19:00
 2.会場:大阪第一ホテル(大阪マルビル) 6階「ランスロット」
 3.定員:40名(先着順、定員になり次第締め切らせていただきます) 
 4.参加費:9,000円
申込方法 【記念シンポジウム・祝賀&懇親会のお申込み方法】
E-mailでのお申込みのみ受け付けます。
 ①氏名、②所属、③記念シンポジウム・祝賀&懇親会への参加意向、④メールアドレスをご記入の上、
シンポジウム実行委員会:ss2017aijprize@gmail.com(担当:綱本)まで、お申し込みください。
 祝賀&懇親会に参加のお申し込みをされた方へ、折り返し参加費の
振込先銀行口座をお知らせいたしますので、事前のご入金をお願い致します。
口座振込締め切りを9月15日(金)とさせて頂きます。
参加費・受講料 無料
定員 100名
対象 どなたでも
申込先・問合せ先 住田昌二先生建築学会著作賞受賞記念シンポジウム実行委員会 
                      委員長 延藤 安弘
        事務局 藤田 忍、檜谷 美恵子、碓田 智子、綱本 琴
E-mail: ss2017aijprize@gmail.com(担当:綱本)
主催者 住田昌二先生建築学会著作賞受賞記念シンポジウム実行委員会

このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ