公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
イベント情報

理学部附属植物園 数年に1度しか咲かない珍しい花 「プヤ・アルペストリス(ヒスイラン)」の観察会を開催

理学部附属植物園 数年に1度しか咲かない珍しい花 「プヤ・アルペストリス(ヒスイラン)」の観察会を開催

 

報道資料はこちら


 大阪市立大学理学部附属植物園は、2019年6月8日(土)および6月15日(土)に「プヤ・アルペストリス(ヒスイラン)」の観察会を開催します。

190608.png
プヤ・アルペストリスの花



 今回の観察会では、プヤ・アルペストリス(和名:ヒスイラン)というパイナップル科の植物の開花を鑑賞します。プヤ・アルペストリスは、南米アンデス山脈の3000ⅿ級の高地に育つ植物です。巨大なアスパラガスのような花序が高く伸び、とげがついたような枝が枝分かれし、この枝に花が集まって咲きます。花弁がヒスイ(宝石)のような色をしていることにちなんで、岡田博氏(大阪市立大学名誉教授・当植物園元園長)によって2003年に『ヒスイラン(和名)』と名付けられました。
 この観察会では、その名付け親である岡田博氏による詳しい説明があり、専門家ならではの視点から観察します。実は数年に1度しか開花しない珍しい植物で、当植物園では2年ぶりの開花となります。次は何年後の開花になるかわかりません。ぜひ植物園へお越しください。

 

項目詳細
開催日時 第1回 2019年6月8日(土) 10時30分より(少雨決行)
第2回 2019年6月15日(土) 10時30分より(少雨決行)
開催場所 大阪市立大学理学部附属植物園 実習室
 〒576-0004 大阪府交野市私市2000
 京阪電車交野線「私市(きさいち)」駅下車、徒歩約6分
 [アクセスはこちら]
講 師 岡田 博 氏(大阪市立大学名誉教授・当植物園元園長)
参 加 費 無料 (ただし入園料350円は必要)
※中学生以下は無料、大阪市民で満65歳以上の方は無料(住所・年齢の分かるものを提示)、障がい者手帳をお持ちの方(本人と付添の方1名)植物園メイトカードをお持ちの方(65歳以上の交野市民で植物園メイトに登録された方)は無料
申込方法 事前申込不要
(当日、定刻までに植物園入口事務所前にお集まりください。)
問合せ先 大阪市立大学理学部附属植物園 事務所(問合せ可能時間 9:00~17:30)
TEL:072-891-2059/FAX:072-891-2101
Mail:b-garden@sci.osaka-cu.ac.jp
>>理学部附属植物園のホームページはこちら

※イベント開催時以外でも、開園時はプヤ・アルペストリスを自由に見ていただくことができます。
開花状況等は理学部附属植物園のWebサイトをご覧ください。


このカテゴリー内のナビゲーション

お知らせ