公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

レアメタルを使わない、大電気容量の有機分子スピンバッテリーを開発

2011年10月17日掲載

研究・産学

本学理学研究科の工位 武治 特任教授と大阪大学の森田 靖 准教授らの研究グループは、有機スピン分子を正極活物質に活用することにより、既存のリチウムイオン電池の電気容量(150–170 Ah/kg)を超える(1.3–2倍)、レアメタルフリーの有機分子スピンバッテリーを開発しました。既存のリチウムイオン電池はレアメタルであるコバルトを含む正極活物質を利用するために、安全面・資源価格面での問題が指摘されてきましたが、これらの根本的な解決につながる画期的な成果であると言えます。

今回得られた成果は、リチウムイオン電池の急速な普及に伴い、国内外の産業界で激化しているレアメタルの資源価格の高騰と資源獲得競争の解決に向けて大きな一歩を前進させたと同時に、次世代のバッテリー開発の設計指針を提供するものです。

なお、本研究成果は、 日本時間10月17日午前2時発行の英国誌Nature Materialsのオンライン版にLettersとして掲載されています。

    発表雑誌:Nature Materials
    論文名: Organic Tailored Batteries Materials Using Stable Open-Shell Molecules with Degenerate Frontier-Orbitals
    (縮重フロンティア分子軌道をもつ開殻分子スピンを正極物質とする、テーラーメイド有機バッテリー)
    著者名: Yasushi Morita, Shinsuke Nishida, Tsuyoshi Murata, Miki Moriguchi, Akira Ueda, Masaharu Satoh, Kazunori Arifuku, Kazunobu Sato & Takeji Takui

(参考)