公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

理学部附属植物園で7月下旬にアオノリュウゼツランが開花します

2012年05月28日掲載

研究・産学

理学部附属植物園では現在、珍しい植物であるアオノリュウゼツランが開花しようとしています。アオノリュウゼツランは生長に非常に長い年月を要し、今回、約50年の歳月をかけて生長した株が開花時期を迎えています。7月下旬頃の開花が予想されており、開花が近づくにつれて花茎が生長していき、最長5メートル程度になります。

今後の生長記録については随時、植物園ホームページに掲載していきます。

アオノリュウゼツラン

    分類:リュウゼツラン科
    原産国:メキシコ 特徴:かつてはテキーラの材料とされていた植物で、最長5m程度まで生長。生長に非常に長い年月を要し、今回の開花では約50年の歳月をかけている。名前の「リュウゼツラン(龍舌蘭)」の由来は、葉の部分にある長くて固いトゲが竜の舌のようであることから。
    見ごろ:7月下旬頃から8月上旬頃

「アオノリュウゼツラン」開花の様子1 「アオノリュウゼツラン」開花の様子2
「アオノリュウゼツラン」開花の様子