公立大学法人大阪市立大学
Facebook Twitter Instagram YouTube
パーソナルツール
公立大学法人大阪市立大学
新着情報

第15回フォーラム「医療の改善活動」全国大会in大阪を開催

2013年10月29日掲載

イベント

プレスリリースはこちら

大阪市立大学では、第15回『医療の改善活動』全国大会を、開催いたします。本学は、大学病院では唯一の会員で、今回初めて幹事校として主催いたします。
この大会は、医療の改善活動を高めることにより、疾病関連死を減らし、安全で豊かな療養環境を提供することを目的にしています。参加(登録)施設数は144、参加者は約千人の医療関係者を予定しています。

名称

第15回フォーラム「医療の改善活動」全国大会in大阪

テーマ

医療の質をArtする -技と笑顔とチームワーク-

開催日時

平成25年11月9日(土)~10日(日)

会場

大阪市立大学医学部 学舎4階(大阪市阿倍野区旭町1-4-3)

主なプログラム

■ 教育ミニシンポジウム(11月10日)

基調講演 種田 憲一郎    World Health Organization/Western Pacific Regional Office
シンポジスト 豊田 宏光    大阪市立大学 整形外科
宮崎 京子    大阪市立大学 医学部附属病院看護部
座長 山口(中上)悦子    大阪市立大学 医療安全管理学

■ 特別講演(11月9日)

講師 青木 豊彦    株式会社アオキ 代表取締役/東大阪市モノづくり親善大使
座長 神野 雅博    社会医療法人財団薫仙会 恵寿総合病院理事長

■特別講話(11月9日)

講師 竹本 住大夫    人形浄瑠璃文楽太夫/人間国宝
座長 石河 修    大阪市立大学 医学部附属病院長

主催

一般社団法人 医療のTQM推進協議会

大会長

石河 修  大阪市立大学 医学部附属病院長

実行委員長

荒川 哲男 大阪市立大学 大学院医学研究科長・医学部長